2017年07月28日

手打めん処 冨士本の「カレーうどん」

今では名古屋メシの一つに数えられる「カレーうどん」、有名な若鯱家さんをはじめ色んなお店で食べることが出来ますよね(^-^)

でも、辛口好みの方は満足出来るお店が少ないのではないでしょうか?

と言う訳で、今日は瑞穂区にある昔ながらのうどん屋さんで、「手打めん処 冨士本」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄名城線「妙音通」駅の1番出口から西へ行き、「妙音通2」の交差点を右折して200mほど北上した左手になります。

冨士本.JPG


ちょうど「名鉄本線」のガード手前にあるお店ですね。

お店の前に「ホンダスーパーカブ」が置いてあるのが、いかにもレトロなうどん屋さんです(^-^)

駐車場は、近くの名鉄ガード下に2台分確保されています(203・204番)が、満車の場合はお店の向かい側にあるコインパークに停めると、100円割引してくれます(*^^)v

店内に入ると、左手に小上がり席・真ん中にテーブル席、そして右手にカウンター席があり、奥が厨房になっています。

冨士本1.JPG


店内もレトロな雰囲気で、落ち着くうどん屋さんです(^-^)

お店は大将と奥さんお二人で切り盛りされていて、とても丁寧で明るい接客は初めて訪れても同じように気持ちよく対応してくれます(^-^)

メニューは文字だけのものが数枚テーブルに置いてあって、その一部をご覧いただくとこんな感じですね。

冨士本2.JPG


うどん・丼・定食と、色んなメニューが載っていますよね?

この辺りでは安くて美味しいうどん屋さんで、何を注文しても美味しく食べられるものばかりです(*^^)v

その中でもおススメなのが「カレーうどん」(780円税込)!

このお店のカレーうどんは、名古屋のカレーうどんらしく「小麦粉」でルーを仕上げるタイプなのですが、とにかく「辛口」で美味しいんです(*^^)v

では、早速実物をご覧下さいっ

冨士本3.JPG


濃厚な濃い色で辛そうでしょ?

完食する頃には汗びっしょりになりますが、とてもクセになる美味しいカレーうどんです(*^^)v

具は、ネギ・揚げ・カマボコが入っていて、お肉は豚肉ではなく「鶏肉」が入っています。

カレーうどんと一緒に、「紙エプロン」を持って来てくれるのが嬉しいですよね(^-^)

普通のカレーうどんでは辛さが物足りない、そんな方は是非一度訪れてみるといいですよ〜(*´▽`*)






posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | 名古屋市瑞穂区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする