2018年10月16日

ビストロ ニドワゾォーの「フランスレストランウィーク2018限定ランチコース」

ちょっと敷居が高いフレンチレストラン、でもたまには美味しい料理をゆったり味わう時間も必要ですよね?

そんなレストランですが、気軽に利用出来てとっても美味しいお店があるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は番外編として、大阪市の心斎橋にあるお店で、「ビストロ ニドワゾォー」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、大阪市中央区「心斎橋」交差点を東へ行き、四つ目の角を右折して50mほど南下した右手になります。

ビストロ ニドワゾォー.JPG


古いビルの1階に入居しているおみせですね。

駐車場は無いので、近くのコインパーキング利用になります。

大通りから中へ入った目立たない場所にあるお店ですが、お値打ち価格でとっても美味しいフレンチが味わえるコスパ最高のお店なんですね。

店内に入ると、右手にキッチンと少しのカウンター席、左手に二人掛けのテーブル席が4つあるだけのコンパクトな空間が広がっています。

ビストロ ニドワゾォー1.JPG


素敵なお店でしょ?

このお店は、腕の良いシェフと奥様お二人で切り盛りしているので、きめ細やかな接客でゆったり美味しいフレンチが味わえるんですね(^-^)

そんな訳で、今回は期間限定メニューで、「フランスレストランウィーク2018限定ランチコース」(2500円税込)をご覧頂こうと思います(*^^)v

このコースを注文すると、まず最初に「アミューズ」からスタートになります。

ビストロ ニドワゾォー2.JPG


これはイワシとジャガイモをベーコンで包み、オリーブオイルでアクセントをつけたものになります。

乾杯からのスタートにふさわしい口取りですね(^-^)

そして次に出て来るのは「前菜」になります。

ビストロ ニドワゾォー3.JPG


彩り鮮やかな前菜は、グレープフルーツの上に「鱧」が乗っていて、添えられたアボガドと共にオイルソースで仕上げてあります。

白ワインによく合う料理ですね(^-^)

そして次は「スープ」になります。

ビストロ ニドワゾォー4.JPG


これは「パンプキンスープ」で、丁寧に裏漉しされた濃厚な南瓜の旨味が生クリームで滑らかに仕上げてある逸品!

こんなスープも、フレンチの愉しみの一つですよね?

そしてメイン料理になりますが、こちらは何種類かあるメニューの中から「魚料理」または「肉料理」を選べるようになっています。

その一例をご覧いただくと。

ビストロ ニドワゾォー5.JPG


ビストロ ニドワゾォー6.JPG


上の画像は「魚料理」になりますが、この緑色のソースは「ニラ」で作られているんです!

意表を突かれたソースですが、真鯛のポアレと相性が良く、臭みも全く無い美味しさ(*^^)v

下の画像は「肉料理」で、ソテーされた豚ロース肉と茸がホワイトソースで仕上げてあります。

これも普通は魚料理に多用するホワイトソースを肉料理に融合させた逸品です(*^^)v

そして最後のお愉しみである「デザート」が出て来ます。

ビストロ ニドワゾォー7.JPG


思わず「可愛いっ!」と叫んでしまいたくなるデザートは、10月らしく「ハロウィン」をモチーフにしたもので、和歌山県産の「柿」と「南瓜のアイスクリーム」が添えられていてとっても美味(^O^)!

こんな料理の数々がゆったり味わえる、やっぱりフレンチって最高ですよね?

いかがでしたでしょうか?

今回は限定メニューなのでもう終了していますが、普段でもこんなハイレベルで美味しい料理が、ランチなら2000円台から、ディナーのフルコースでも5000円台から味わえるお店です。

アットホームで居心地の良いフレンチレストラン。

心斎橋方面へ行く機会があったら、是非一度訪れてみて下さいね〜(*´▽`*)






posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする