2018年10月23日

レストラン キルンの「キルン ガーデンフルコースランチ」

歴史ある広大な陶器工場を有し、美しい白磁器やボーンチャイナを手掛けている「ノリタケ」さん、名古屋駅から近い立地であるにもかかわらず、都会の喧騒から隔離された「ノリタケの森」は市民のオアシスでもありますよね(^-^)?

そんなノリタケの森の敷地内に、とっても美味しいフレンチが味わえるレストランがあるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は西区にあるお店で、「レストラン キルン」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、名古屋駅から北へ700mほど行った「ノリタケの森」の敷地内になります。

レストラン キルン.JPG


歴史ある赤レンガの建物の横にある、「ノリタケの森ギャラリー」と言う建物の1階部分になりますね。

さてこのお店、通常テーマパーク内にあるレストランと少し違って、とっても美味しいクオリティの高いフレンチが味わえるお店なんですね。

更にノリタケさんの経営するお店だけあって、なんと使用されている食器類はすべて高級で美しい「ボーンチャイナ」で提供されるんです(*^^)v

お昼の営業時間に訪れると、お店の入口前にはこんな「ランチメニュー」が出されています。

レストラン キルン1.JPG


ランチと言っても、もちろんコース料理になっていて、左がお手軽価格で味わえる「キルン ガーデンランチ」と言うハーフコース、そして右が「キルン ガーデンフルコースランチ」と言うフルコースになっています。

ちょっとワクワクするメニューでしょ?

店内に入ると、中央にグランドピアノが置かれたテーブル席の並んだ広い空間になっています。

レストラン キルン2.JPG


中々上品で落ち着く空間ですね(^-^)

お客さんは、ノリタケの森に訪れた方の中でも来賓の接待に使用する事も多く、外国からのお客さんも多数いらっしゃいます。

そんな訳で、今回はちょっと贅沢に「キルン ガーデンフルコースランチ」(3590円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

このコースを注文すると、まず最初に「アミューズ」が出されます。

レストラン キルン3.JPG


これ、「茄子のフォンダン ポシェしたモンサンミシェルのムール貝と共に」と言うメニューで、丁寧に皮と種を取り除いた茄子の身を裏漉ししたものに、ムール貝が添えられている逸品!

冷菜の口取になりますが、茄子ってこんなに美味しかったんだっけ?
と、再確認されられます。

もちろん、食器はノリタケ製のボーンチャイナですね。

そして次は「前菜」が出て来ます。

レストラン キルン4.JPG


これは「鰹の瞬間タタキ 奈良漬の和風ラヴィゴッドソース」と言うメニューで、和風仕立てのメニューになりますね。

鰹のタタキに奈良漬と言う意表を突いたメニューで、奈良漬の香りと歯ごたえに鰹のタタキがとても良く合います。

そして次は「スープ」になりますね。

レストラン キルン5.JPG


これは秋らしく「南瓜のポタージュ マドラスオイルの香り」と言うメニューなのですが、なんと南瓜のポタージュにかかっているのは「カレー」なんです!

ほんのり香るカレーがオリエンタルなアクセントになって、とても食欲がそそられるスープです。

そしていよいよメイン料理の一つ、「魚料理」が出て来ます。

レストラン キルン6.JPG


これは「本日の魚の白ワイン蒸し デュクレレ風ソース」になりますね。

魚は「イサキ」を使用していて、偉大な料理人の名を冠したソースは、とても魚料理に合う美味しさです。

そして次はメインの「肉料理」になります。

レストラン キルン7.JPG


これは「三元豚のロースト シードルソース」になります。

鮮やかなピンク色のお肉は、塊肉をローストしたならではの逸品!

リンゴの酸味が爽やかなソースにとても合う美味しさです。

そして最後のお愉しみである「デザート」の登場です。

レストラン キルン8.JPG


この日の「本日のデザート」は、ティラミスと栗のアイスクリーム。

とっても柔らかく仕上げられたティラミスは絶品の美味しさ、秋らしく栗のアイスも濃厚で美味。

いかがでしたでしょうか?

とっても美味しいフレンチが、美しいノリタケ製の高級食器で味わえる至極の時間。

トータルで考えると、とてのコスパに優れる素敵なレストランです。

美しい食器に美味しい料理、そんな素敵な時間を過ごせるお店ですよ〜(*´▽`*)