2018年11月05日

喫茶 ミハルの「五目チャーハンランチ」

古い古刹がある界隈の商店街、そこにはやはり古くから営業している飲食店が存在しています。

まだ名古屋に喫茶店文化が定着してなかった頃から、現在も営業している喫茶店があるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は南区にある喫茶店で、「喫茶 ミハル」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、名鉄本線「本笠寺駅」を出て、北へ80mほど行った右手になります。

喫茶 ミハル.JPG


細い路地にあるお店ですが、駅前で長年営業を続けているお店ですね(^-^)

駐車場は無いので、近くのコインパーキング利用になります。

さてこのお店、近くに尾張四観音の一つ、「笠寺観音」がある為、古くからこの場所で営業を続けている喫茶店で、なんと来年で操業60年を迎える老舗喫茶店なんです(*^^)v

昭和34年から、ずっと営業しているんですね。

店内に入ると面白い造りになっていて、地下と中二階のあるモダンな空間が広がっています。

喫茶 ミハル1.JPG


とは言ってもさすがに還暦近いお店、地下の座席は物置になっていて、内装も古さを感じる年季です(^^;

テーブルには両面印刷になったメニューが置いてあります。

片面はドリンクメニューになっていて、もう片面は軽食メニューやモーニングセットのメニューが載っています。

喫茶 ミハル2.JPG


やっぱお値打ち価格ですね(^-^)

もちろん、名古屋の喫茶店らしくスパゲティは鉄板に乗っています(*^^)v

この日のサリーは、「五目チャーハンランチ」(720円税込)を注文!

すると、こんな感じで登場しましたよ〜

喫茶 ミハル3.JPG


懐かしい、喫茶店のカレーやピラフに使用されるお皿ですよね?

スープも付いているのと、画像には有りませんが食後のドリンクも付いています(^-^)

ドリンク付きで720円税込はお値打ちでしょ?

この界隈は、笠寺観音の六の市が開催されるため、節分はもちろん6の付く日は縁日が出て賑わいを見せています。

古き良き時代の喫茶店、笠寺観音の縁日へ行く機会があったら、ノスタルジックな雰囲気を味わってみるのもいいですよ〜(*´▽`*)