2018年08月23日

尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛の「海老三昧」

名古屋の顔である名古屋城の天守閣は、建て替え工事のため入場できなくなってしまいましたが、本丸御殿をはじめ金シャチ横丁等新しい見どころが出来たのが嬉しいですよね?

そんな金シャチ横丁には、名古屋メシを中心とした美味しいお店が沢山出店しているんですね(^-^)

と言う訳で、今日は中区にあるお店で、「尾張那古野 天丼 徳川忠兵衛」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、名古屋城の敷地内で、金シャチ横丁の「義直ゾーン」内になります。

徳川忠兵衛.JPG


和風で天丼屋さんらしいお店ですよね?

この金シャチ横丁には、伝統的な名古屋メシで「和風」スタイルの「義直ゾーン」と、ハイカラで「洋風」スタイルの「宗春ゾーン」に分かれており、コンセプトがハッキリした二つのエリアで構成されています。

なので、このお店は「義直ゾーン」にあるんですね。

お店の前には、こんなショーケースに飾られて天丼のサンプルが出されています。

徳川忠兵衛1.JPG


色んな天丼が並んでいますよね?

どれにしようか迷ってしまいます(^^;

店内に入るとすぐ左手にカウンター席があって、奥へ進むとテーブル席が並んだコンパクトな造りになっています。

各テーブルには両面印刷になったメニューが置いてあって、片面には天丼等が載っています。

徳川忠兵衛2.JPG


沢山種類があるでしょ?

スタンダードに楽しむなら「天丼(梅)」(980円税抜)で充分なのですが、「海老天を一杯食べたい」方には「海老三昧」(1500円税抜)がオススメ(*^^)v

なので今回はそのメニューをご覧いただこうと思います。

では早速、実物をご覧下さいっ

徳川忠兵衛3.JPG


名前の通り沢山海老天が乗っていますよね?

そうなんです、このメニューは「海老天5本」の他、「温玉・シシトウ・南瓜・舞茸・海苔」も乗っていてボリューム満点!

更にアサリの赤だしと漬物もセットになっています。

海老天はもちろん美味しいのですが、意外と海苔天と温玉が美味しいんです(*^^)v

特に温玉は素揚げしてあって、タレのかかったご飯の上で割って食べると、黄身がご飯に絡んでとっても美味(^O^)

少し値が張るメニューですが、満足出来る逸品です(*^^)v

他にも美味しいお店が沢山並んだ金シャチ横丁、入場券も要らずに行ける場所にあるので、皆さんもお気に入りのお店を見つけに行ってみて下さいね〜(*´▽`*)

続きを読む
2018年08月22日

めん処 天満屋の「日替わりランチ」

大須交差点より南の本町通りには、数多くの仏具店が立ち並んでいますよね?

その道を更に南へ進むと、といても古い建物の趣のあるうどん屋さんがあるんです(^-^)

と言う訳で、今日は中区にあるうどん屋さんで、「めん処 天満屋」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、「大須」交差点を本町通り沿いに400mほど南下した左手になります。

めん処 天満屋.JPG


かなり年季の入った木造家屋に歴史を感じますよね?

駐車場は無いので、車の方は本町通り沿いのコインパーキング利用になります。

さてこのお店、ご覧の通り古くから営業しているうどん屋さんなのですが、麺類はもちろんとってもボリュームのある定食や丼物が充実していて美味しいお店でもあるんです(*^^)v

ランチタイムになると、お店の前にはこんな黒板に手書きされた「ランチメニュー」が出されています。

めん処 天満屋1.JPG


お値打ち価格でボリュームありそうでしょ?

このランチ、とってもお値打ちで美味しいんです(*^^)v

店内に入ると、右手にお一人様用のカウンター席が少し、そして左に折れると右手に小上がり席・左手にテーブル席があって、一番奥が厨房になった造りになっています。

めん処 天満屋2.JPG


小上がり席の壁面には、沢山のメニューが貼ってありますよね?

実は各テーブルの下にも、A3サイズで大判の両面印刷になったメニューが置いてあって、所狭しと数多くのメニューが載っています。

そんな訳で、やっぱりお値打ちで美味しいのは「日替わりランチ」!

この「日替わりランチ」は、「おかず」は同じで、「ご飯・味噌汁・冷奴」だけなら750円税込、「小うどん・小きしめん・小そば」が付いたり普通サイズの「うどん・そば・きしめん」が付くに従って価格が上がるようになっています。

この日のサリーは、「日替わりランチ」の「きしめん付」(950円税込)を注文!

すると、こんな感じで登場しましたよ〜

めん処 天満屋3.JPG


いやぁ、ボリューム満点ですよね?

この日の日替わりランチは「ミックスフライ」で、「海老フライ・魚フライ・竹輪天」がメインのおかずになっていました(*^^)v

夏らしくフルーツの「スイカ」が付いて来るのも嬉しいですね(^-^)

このお店は名古屋のうどん屋さんらしく濃い鰹ダシの効いた赤つゆで美味(*^^)v

フライも揚げたてで、ボリュームがあってもペロって平らげてしまう美味しさです。

古い木造家屋が並ぶ本町通りぞいにあるお店です。

散策がてら、こんなお店でランチなんていいですよ〜(*´▽`*)










2018年06月30日

弘庵の「豚ころ」

名古屋屈指のオフィスが立ち並ぶ丸の内界隈、お昼時になるとランチを求めて大勢の会社員の方が訪れる飲食店が数多く存在します。

そんな場所には、ちょっと変わったとっても美味しいうどん屋さんもあるんですね〜(*^^)v

と言う訳で、今日は中区丸の内にあるうどん屋さんで、「弘庵」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄鶴舞線(桜通線)「丸の内」駅の4番出口から桜通り沿いに東へ行き、「桜通本町」交差点を左折して北へ300mほど行った左手になります。

弘庵.JPG


古いビルの1階に入居しているお店ですね。

駐車場はありませんが、お店のすぐ南側にコインパーキングがあるのでそこを利用すると便利です(^-^)

さてこのお店、お昼時はうどんに汁のかかった「ころうどん」に特化したお店で、とてもハイレベルで美味しいうどんが食べられるお店なんですね(*^^)v

お昼の営業時間になると、お店の前にはこんな「メニュー」が出されています。

弘庵1.JPG


ちょっと値が張る価格帯ですがm美味しそうですよね?

品数は少ないですが、このお店の「ころうどん」は絶品で、うどんの概念が覆されるほど美味しいうどんが食べられます。

店内に入ると、左手にL字型のカウンター席・奥にテーブル席が二つあるだけの小さな空間が広がっています。

弘庵2.JPG


カウンターに座るとこんな感じで、目の前でうどんを茹でたり天ぷらを揚げているところが見られます。

テーブルには紙おしぼり・七味と一味唐辛子・割り箸が置いてあって、お水はセルフで汲むスタイルですね。

前述の通りこのお店のウリは「ころうどん」、種類は海老天とちくわ天の入った「天ころ」と、豚肉の天ぷらの入った「豚ころ」の2種類とシンプルです。

おススメはなんとい行っても「豚ころ」(880円税込)!

では早速、実物をご覧下さいっ

弘庵3.JPG


揚げたての豚肉の天ぷらの他、ゆで卵・海苔・天かす・ネギも入っていてボリューム満点(*^^)v

さりげなくカイワレ大根とおろし生姜が添えられています。

細めですがツルツルでコシのあるうどんは、濃厚な汁に絡んで最高の喉越しと歯ごたえ。

豚肉の天ぷらは揚げたてで、表面に胡椒がかかっていてスパイシーなのであっさり食べられます(^-^)

一度食べると、蕎麦派の方も唸る美味しさ(^O^)!

ハイクオリティなうどんと豚肉の天ぷらの相性の良さが最高の美味しさを引き立てています。

小さなお店なので、早い時間の来店をおススメします。

とびきり美味しい「ころうどん」が食べたくなったら、是非一度訪れてみて下さいね〜(*´▽`*)