2019年01月29日

ラーメン福 笠寺店の「ラーメン(野菜多め)」と「特製ラーメン(並肉)」

リーズナブルでとっても美味しいラーメン屋さんの一つとして、毎日大勢のお客さんで賑わう「ラーメン福」さん。

名古屋市内しか店舗がありませんが、リピート率の高いラーメン屋さんとして多くのファンのお客さんがいますよね?

と言う訳で、今日は南区にあるラーメン専門店で、「ラーメン福 笠寺店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、JR本線「笠寺」駅の東口から東へ行き、「笠寺駅前」交差点を右折して国道1号線沿いに南下、そして「前浜通」交差点を左折したすぐ右手になります。

ラーメン福 笠寺店11.JPG


環状線沿いの分かりやすい場所にあるお店ですね。

駐車場は敷地内の他、少し店舗から東へ行った場所にも第二駐車場が確保されています。

このお店は豚骨醤油で太麺・もやしたっぷりの美味しいラーメン店なのですが、色んな注文の仕方があるんですね(*^^)v

店内に入ると、L字型のカウンター席がズラリ並んだ空間が広がっています。

ラーメン福 笠寺店12.JPG


どのラーメン福さんも同じような造りになっていますよね?

お冷はセルフで汲んでくるスタイルになっています。

メニューは壁面に貼ってあって、こんな風に書いてあります。

ラーメン福 笠寺店13.JPG


シンプルなメニューですよね?

ラーメンは豚骨醤油1種類のみで、普通盛りと大盛り。

そして「特製ラーメン」はいわゆる「チャーシュー麺」で、こちらも普通盛りと大盛りがあります。

ラーメン600円税込とお値打ちで、とってもボリュームがあるのですが、無料で「もやし」や「ネギ」の「野菜多め」も出来ちゃうんです(*^^)v

それが、こちらの画像になりますね。

ラーメン福 笠寺店14.JPG


通常でも野菜がてんこ盛りなのに、「野菜多め」だと更に多くなっています(^O^)

これを食べるコツですが、どうしても野菜が多いので味が薄くなってしまうため、テーブルにある「ラーメンのタレ」をかけて味の濃さを調整して食べるのがオススメですね(*^^)v

そして、「特製ラーメン」(800円税込)と言えば、青い丼に入って豚肩ロース肉のチャーシューが数枚入って来るのですが、残念なのは普通のラーメンに入って来る薄切りで美味しいチャーシューが入ってないこと。

なので、実はこの「特製ラーメン」、肩ロース肉のチャーシューの代わりに「特製ラーメン並肉で!」と注文すると、普通のラーメンに入って来る薄切りチャーシューを、これでもかって位入れてくれるんですね!

出来上がりはこんな感じで、通常のラーメンと変わりませんが。。。

ラーメン福 笠寺店15.JPG


もやしの下を確認してみると。。。

凄いお肉の量が入っています(^O^)!

ラーメン福 笠寺店16.JPG


これ、ホント凄い量です。

サリーの世代にはちょっと苦しいものがあります(^^;

でも、お肉好きの方にはめっちゃ嬉しい裏メニューなんですね(^-^)

色んな注文の仕方のある美味しい「ラーメン福」さんです。

皆さんもお近くの「ラーメン福」さんで、お好みの注文をしてみて下さいね〜(*´▽`*)



2018年09月07日

中国料理 薊丘の「Aランチ」

中華料理のお店は数多くありますが、北京料理のお店ってちょっと高級なイメージがありますよね?

そんな美味しい北京料理が、とってもお値打ちに味わえるお店があるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は南区にある中華料理屋さんで、「中国料理 薊丘」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、南区の北部、「薬師通1」交差点を北へ150mほど行った右手になります。

中国料理 薊丘.JPG


中華料理屋さんと言っても派手な看板は無く、控えめな外観のお店ですね。

駐車場は少し離れた場所に二台分確保されています。

さてこのお店、前述の通り街の中華料理屋さんとしては珍しく北京料理のお店で、全体的に少し高めの価格設定ですがランチならとってもお値打ちに美味しい中華料理が味わえるんですね(^-^)

ランチタイムになると、お店の前にはこんな「ランチメニュー」が出されています。

中国料理 薊丘1.JPG


日替わりランチである「Aランチ」をはじめ、ラーメンと「ご飯物」のセットも数多く乗っていますね(^-^)

店内に入って右に折れると、左手に厨房とカウンター席・右手にテーブル席のある空間が広がっています。

中国料理 薊丘2.JPG


こじんまりしたお店ですが綺麗に清掃されていて、気持ちよく食事が出来る座席ですね(^-^)

座席に着くと、お店の人がウーロン茶を持って注文を取りに来てくれます。

テーブルには冊子になった通常メニューも置いてありますが、やっぱりお値打ちなのは「ランチメニュー」!

そんな訳で、今回は日替わりランチメニューである「Aランチ」(850円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

では早速、実物をご覧下さいっ

中国料理 薊丘3.JPG


この日の「Aランチ」は「蟹玉」でした(^-^)

北京料理らしく優しい味で、具材もタップリ入って美味(*^^)v

他に「ライス・スープ・小鉢・漬物・杏仁豆腐」まで付いています。

ありそうでない、美味しい北京料理の味わえる街の中華料理屋さんです。

こんなお店で美味しい中華料理、皆さんも味わってみて下さいね〜(*´▽`*)








2018年06月11日

骨付きジャンボ唐揚げ 中村屋の「レギュラーパック」

美味しい唐揚げの食べられるお店って、皆さんのお近くにも色んなお店がありますよね?

でも、ちょっと変わっていますが、とっても美味しい唐揚げが食べられる専門店があるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は南区にあるお店で、「骨付きジャンボ唐揚げ 中村屋」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は南区の北西部、「新内田橋」交差点を国道247号線沿いに50mほど南下し、初めての角を西へ20mほど行った右手になります。

中村家.JPG


大通りから中へ入ったお店なので、ちょっと分かりにくい場所になりますね。

駐車場はお店の前に停められるようになっています。

さてこのお店、かれこれ10年ほどこの場所で営業しているお店で、東区にも店舗のある「唐揚げ専門店」なのですが、骨付きでとても美味しい唐揚げが食べられるんですね(*^^)v

なので目立たないお店なのにもかかわらず、遠方からもここまで買いに来るお客さんも多いんです。

店内に入ると、右手に厨房・左手にテーブル席が2つのみあるお店の空間が広がっています。

中村家1.JPG


このお店は基本的に「テイクアウト」がメインのお店ですが、店内の座席でも食べることが出来るんですね。

面白いのは、ビール等は置いてなく、なんと「持込み無料」で店内で食べられるんです(^^;

お店はスキンヘッドの特徴的な大将(中村さん)と奥様お二人でお店を切り盛りしていて、面白い大将と会話がしたくて訪れる人も居るくらいです。

そんなお店なのでメディアの取材も多く、壁面には色んなサイン色紙や写真等が貼られています。

中村家2.JPG


中京テレビやメ〜テレのアナウンサーも来店しているんですね(^-^)

そそてメニューは「唐揚げ」のみで、本数によって価格が決まっています。

一番スタンダードなのは、骨付き唐揚げ5本の「レギュラーパック」(1000円税込)!

それでは早速、実物をご覧下さいっ

中村家3.JPG


真っ黒で豪快な大きさでしょ?

特徴的なのは、「揚げてから焼い」あるんですね。

みりんや砂糖・酒等は一切使用せず、岩塩・醤油・秘伝の調味料のみで仕上げてあります。

もう言葉では表現出来ないので、是非一度味わってみて下さい。

男性ならビールの肴に5本はペロっとイケてしまう美味しさです(*^^)v

ちょっと変わった唐揚げ専門店です、近くを通ることがあったら寄ってみて下さいね〜(*´▽`*)