2019年08月22日

鶴橋 風月 イオンモール熱田店の「ぶた玉」と「焼きそば」

名古屋でも美味しいお好み焼きの店が増えましたが、やっぱり粉物のお店は関西が美味しいですよね?

そんな本場大阪の味が、名古屋のショッピングモールでも気軽に味わう事が出来るんです(*^^)v

と言う訳で、今日は熱田区にあるお店で、「鶴橋 風月 イオンモール熱田店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、イオンモール熱田の4階レストラン街になります。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店.jpg


赤い外観が目立つお店ですね。

このお店は名前の通り本場大阪の味が愉しめるお好み焼き屋さんで、名古屋にはない美味しいお好み焼きや焼きそば・鉄板焼きが味わえるんです(*^^)v

店内に入ると、鉄板が組み込まれたテーブル席がいくつも並んだ空間になっています。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店1.jpg


目の前でジュージュー焼きあがるのを待って、熱々が味わえるのが魅力です(^-^)

メニューは冊子になった物が各テーブルに置いてあって、お好み焼き等のページを開くとこんな感じになっています。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店2.jpg


どれも美味しそうでしょ?

お好み焼きにしては多少高めの設定ですが、このお店でお好み焼きを注文すると、熟練のスタッフが目の前で焼いてくれるんです(*^^)v

そんな訳で、今回はスタンダードにお好み焼きの「ぶた玉」(850円税込)と、「焼きそば」(850円税込)をご覧いただこうと思います(^-^)

お好み焼きの方は、まず具材の入ったボールを持って来てくれます。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店3.jpg


キャベツたっぷりがいいですね(^-^)

豚肉はちょっと変わった切り方で、厚めの豚バラ肉が直方体に切ってあります。

しばらくするとスタッフの方が来て、こんな感じに焼き始めてくれますね。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店4.jpg


いやぁ、この手際の良さ、感心してしまいます(^-^)

そして形を整えたら、鰹節がふりかけられますね。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店5.jpg


そして片面が焼けたらひっくり返して・・・

完成しましたよ〜(^O^)!

鶴橋 風月 イオンモール熱田店6.jpg


マヨネーズとマーブル状になった甘辛いソースに食欲をそそられますよね(^-^)

中身はフワフワで、でも噛み締めると豚肉の旨みが口の中に広がって、めっちゃ美味(*^^)v

さすが大阪のお好み焼き屋さんだけあって、とっても美味しいです。

そして次は焼きそばになりますが、こちらは焼いた状態で持って来てくれて、鉄板の上に置いてくれます。

鶴橋 風月 イオンモール熱田店7.jpg


焼きそばの方は、スタンダードなものでも「肉・イカ」の両方が入っていますね。

特に豚肉は厚切りの豚バラ肉を使用していて、こちらも美味しい焼きそばです(*^^)v

名古屋のお好み焼き屋さんって、自分で焼くか焼いて持って来てくれるかのお店が多いですが、このお店は目の前で焼いてくれるのが魅力です(^-^)

イオンモール熱田にある美味しいお好み焼きのお店です。

ショッピングのついでに寄ってみるといいお店ですよ〜(*´▽`*)



2019年04月20日

お好み焼 焼そば 十字弥の「お好み焼き(肉玉)」と「焼きそば(デラックス)」

最近のお好み焼き屋さんって、どのお店も美味しくなりましたよね?

セットメニューも充実しているお店も多い中、今でも昔ながらのスタイルを続けている、老舗お好み焼き屋さんがあります(*^^)v

と言う訳で、今日は熱田区にあるお店で、「お好み焼 焼そば 十字弥」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄名港線「六番町」駅の4番出口から南へ行き、「六番町」交差点を右折して国道1号線沿いに60mほど西へ行った右手になります。

お好み焼 焼そば 十字弥11.JPG


国道1号線沿いのバス停前にある、分かりやすいお店ですね。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

このお店はもう40年以上前からこの場所で営業している老舗のお好み焼き屋さんで、昔ながらのスタイルで食べる美味しいお好み焼き・焼きそば等が味わえるお店なんですね(*^^)v

店内に入ると、右手に小上がり席・左手にテーブル席が2列奥まで並んだ空間が広がっています。

お好み焼 焼そば 十字弥12.JPG


サリーが中学生の時はかなり老朽化した店舗でしたが、その後新しくリフォームされています。

とは言え、その後かなりの年数が経過しているので、また古さの感じる店舗になっていますね(^^;

ご覧の通り、メニューは両側の壁面に掲示してありますが、分かりやすいように各座席の横にもこんなメニューが貼ってあります。

お好み焼 焼そば 十字弥13.JPG


これなら分かりやすいですね(^-^)

ご覧の通り、メニューは基本的に「お好み焼き」と「焼きそば」、そしてドリンクのみになっていて、トッピングによって価格が変わるようになっています。

シンプルな「玉子」だけの生地は600円税込からあるので、お手頃価格ですね(^-^)

そんな訳で、今回はこのメニューの中から、「お好み焼き(肉玉)」(780円税込)と、「焼きそば(デラックス)」(1100円税込)を焼いた物をご覧いただこうと思います(*^^)v

このお店は基本的に自分で焼くスタイルなので、少々出来栄えが悪いのはご容赦下さい(^^;

では早速、実物をご覧下さいっ

お好み焼 焼そば 十字弥14.JPG


いやぁ、やっぱり出来立ては美味しいですね(^O^)!

お好み焼きの方は生地の中に生卵が入っていて、上に豚肩ロース肉が乗った状態で出て来るので、先に豚肉を焼いてから、お好み焼きに乗せるスタイルですね(^-^)

最近のお好み焼き屋さんの様になめらかなタイプではなく、焼くとふっくらした昔ながらのお好み焼きです(^-^)

結構1枚の量が多いので、お腹一杯になります(*^^)v

焼きそばの方は一番豪華なデラックスだと、「豚肉・イカ・海老・帆立貝柱」が入っています。

こちらも自分で焼くスタイルなので、まずは具材とキャベツを炒めてから麺を入れ、ソースで味を調えながら調理します。

太麺が具材に絡んで、とても食べ応えのある焼きそばです(*^^)v

この界隈の方なら誰もが知っているお好み焼き屋さんです。

昔ながらのお好み焼きの味に出会いたくなったら、訪れてみるといいですよ〜(*´▽`*)



2019年01月04日

宮きしめん 神宮店の「天ぷらきしめん」

名古屋で有名な麺類と言えば「きしめん」で、市内のほとんどのお店で食べることが出来ますよね?

そんな「きしめん」ですが、やっぱり老舗の味わいは深く美味しいものがあります(^-^)

と言う訳で、今日は熱田区にあるお店で、「宮きしめん 神宮店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は熱田区の中心、「熱田神宮境内」になります。

宮きしめん 神宮店.JPG


熱田神宮境内の、ほぼ真ん中辺りにあるお店です。

だから「宮きしめん」の名が付いているんですね。

宮きしめんと言えば、名古屋駅をはじめ市内の百貨店にも必ず置いてある商品ですが、やっぱりお店で味わう宮きしめんはとっても美味しいんです(*^^)v

お店は建物があるのですが、客席はテントが張って合ってその下に椅子とテーブルが置いてある簡易的なスタイルですね。

宮きしめん 神宮店2.JPG


なので、屋根はあっても壁がないので冷暖房が無いのと、テーブルに食べ物を置いたまま席を離れると、たまに「カラス」に持って行かれてしまいます(^^;(笑)

メニューは注文窓口の上に掲げてあって、こんな風になっています。

宮きしめん 神宮店1.JPG


きしめん専門店なので、メニューもシンプルですね。

通常のきしめんは650円税込から味わえます(*^^)v

そんな訳で、今回ご覧いただくのは「天ぷらきしめん」(900円税込)!

では早速、実物をご覧下さいっ

宮きしめん 神宮店3.JPG


いやぁ、やっぱりお店で食べるきしめんの味は格別ですね(^-^)

画像は「白だし」になっていますが、名古屋らしい「赤だし」のきしめんもあります。

熱田の森を眺めながら味わう宮きしめん、美味しさも倍増するので熱田神宮へ参拝へ行った際には寄ってみてくださいね〜(*´▽`*)