2019年02月04日

台湾料理 旬美亭の「天津炒飯」

炒飯も食べたいけど天津飯も食べたい、そんな時ってありますよね?

一度で両方が味わえるのが「天津炒飯」ですが、最近はどの中華料理屋さんでも味わえるようになりました(^-^)

と言う訳で、今日は熱田区にある中華料理屋さんで、「台湾料理 旬美亭」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、JR本線「熱田」駅を出てすぐの、「熱田駅前」交差点の北西角になります。

台湾料理 旬美亭.JPG


ちょうど「熱田神宮」の北側にある、駅からすぐの便利な場所に位置するお店ですね。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

このお店は安くてボリュームのある大陸系中華料理屋さんで、とってもお値打ちなランチがウリのお店でもあるのですが、一品料理等も結構美味しいお店なんですね(^-^)

店内に入ると、両側にテーブル席の並んだコンパクトな空間が広がっています。

台湾料理 旬美亭1.JPG


大陸系中華料理屋さんにしては小さ目のお店で、座席の間隔も狭いので少し窮屈な感じがするかも知れません。

座席に付くと、ママさんが水とおしぼりを持って注文を取りに来てくれます。

メニューは各テーブルに置いてあって、冊子になった通常メニューの他、ランチメニューやビールセットなんかのメニューも置いてあります。

通常メニューの一部をご覧いただくと、こんな感じになっています。

台湾料理 旬美亭2.JPG


左手には麺類、右手にはご飯物が載っていますね。

色んなメニューも豊富で美味しいのですが、今回は前述の通り「天津炒飯」(700円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

では早速、実物をご覧下さいっ

台湾料理 旬美亭3.JPG


ちょっと分かりにくいですが、玉子をめくると中身は香ばしく炒められた炒飯が(^O^)!

もちろんスープも付いています。

天津飯のとろける玉子と炒飯を、餡に絡めて食べるとめっちゃ美味(*^^)v

炒飯だけだと少しパサつくのですが、これはとての喉越し良く食べられるメニューですね。

最近はメニューもあるお店も多くなっているので、両方食べたいなんて欲張りな気分のとき、注文してみるといいですよ(*´▽`*)





2018年12月05日

中国料理 菜香の「日替わりランチ」

大陸系の中華料理屋さんと言えば、目立つ看板が目印になっているお店が多いですよね?

でも、信号がしばらく無い通り沿いにあるせいか、つい通り過ぎてしまうお店があるんですね(^^;

そんな訳で、今日は熱田区にある中華料理屋さんで、「中国料理 菜香」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、熱田区を南北に走る大津通り沿いにある、「高蔵」交差点を50mほど南下した左手になります。

中国料理 菜香.JPG


大津通り沿いにある分かりやすい店舗ですが、なぜか通り過ぎてしまうんですね(^^;

駐車場は一見無いように見えますが、お店から20mほど南へ行った左手に確保されています。

お昼時になると、お店の前にはこんな「ランチメニュー」が出されています。

中国料理 菜香1.JPG


「日替わりランチ」のAまたはBと、麺飯セットで構成された大陸系の中華料理屋さんによくあるメニューですね(^-^)

店内に入ると、右手にカウンター席・左手にテーブル席のある空間が広がっています。

中国料理 菜香2.JPG


店内はご覧の通り床がフローリングで、照明が落してあるのでどちらかと言えばバーのような雰囲気のお店です。

お昼時に訪れても満席になっていることはまずないので、並ぶ心配の要らないお店でもありますね(*^^)v

ランチメニューは各テーブルにも置いてあります。

そんな訳で、今回はスタンダードに「日替わりランチ」(700円税込)をご覧いただこうと思います(^-^)

では早速、実物をご覧下さいっ

中国料理 菜香3.JPG


この日の日替わりランチは、Aがほうれん草の玉子炒め、Bがニラレバ炒めになっていました。

画像はAの方になりますね。

ご飯はお替り自由とありますが、何も言ってなくても画像の通り「超大盛」で出て来ます(^^;

メイン料理の他に、「揚げ物」や「小鉢」、「杏仁豆腐」まで付いて来るのでお腹一杯になります(^O^)

味の方は大陸系中華料理屋さんなので可もなく不可もなくと言った感じですが、ガッツリ食べたい方にはおススメです。

車だとうっかり通り過ぎてしまう中華料理屋さん、お腹一杯食べたい時に寄ってみるといいですよ〜(*´▽`*)





2018年12月02日

中国料理 劉家 熱田高校前店の「特製台湾炒飯」

台湾炒飯と言えば、台湾ラーメンの上に乗っている台湾ミンチが具に入った辛口の炒飯で、ピリっとしたパンチが効いていてたまに食べたくなる味ですよね?

でも、もっと辛口の炒飯が食べたい、そんなメニューがあるお店がありまあす(*^^)v

と言う訳で、今日は熱田区にある中華料理屋さんで、「中国料理 劉家 熱田高校前店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、熱田区と港区の境にある「千年」交差点を、500mほど北上した左手になります。

中国料理 劉家.JPG


ちょうど名前の通り、「熱田高校」の西側にあるお店ですね。

駐車場は、お店の前に停められるようになっています。

このお店は刀削麺と言って、ラーメンを製麺する前の塊を包丁で削って麺にする、うどんでもラーメンでもない珍しい麺類が食べられるお店なんですね(^-^)

店内に入ると、左手に小上がり席・右手にテーブル席がある、よくある大陸系の中華料理屋さんらしい造りになっています。

中国料理 劉家1.JPG


座席の間隔も広く、ゆったり食事が出来る空間になっています。

メニューは各テーブルに置いてあって、ランチタイムには前述の「刀削麺」を使用した色んな麺類とご飯物の組み合わせのセットや、日替わりランチが載っている「ランチメニュー」が置いてあります。

でも今回は激辛炒飯のご紹介と言うことで、通常メニューのご飯物が載っているページがこちらですね。

中国料理 劉家2.JPG


もちろん、普通の「台湾炒飯」も載っていますね。

そして、激辛炒飯と言えばこのページにある「特製台湾炒飯」(600円税抜)になります。

では早速、実物をご覧下さいっ

中国料理 劉家3.JPG


濃い炒飯の色が辛さを物語っていますよね?

この炒飯はもちろん激辛ですが、辛いだけでなくゴロゴロした台湾ミンチの他に、刻んだチャーシューも入っていて、具沢山でとっても美味しい「旨辛い」炒飯なんですね(*^^)v

このメニューは最近少なくなった「海鮮館」さんしか食べられなかったメニューなんですが、炒飯の皿をよく見ると「海鮮館」の文字が!

そうなんです、このお店は海鮮館さんのグループのお店だったんですね(^-^)

普通の台湾炒飯では物足りない辛党の方におススメのメニューです。

辛党の方は一度訪れてみて下さいね〜(*´▽`*)