2020年01月23日

手打うどん ゆたかや 本店の「サービスランチ」

尾張四観音に数えられる「笠寺観音」、その門前町には古くから営業している飲食店が今でも営業しています。

その中でも、昔ながらの面影を色濃く残している、めん処のお店があるんですね(^-^)

と言う訳で、今日は南区にあるうどん屋さんで、「手打うどん ゆたかや 本店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、名鉄本線「笠寺」駅から、旧東海道沿いに東へ行った右手になります。

ゆたかや 本店.jpg


外観からしてレトロですよね?

駐車場はお店から少し離れた場所に、3台分確保されています。

このお店は笠寺駅から笠寺観音へ向かう途中の門前町にあるお店で、旧東海道沿いということもあり懐かしい風情の景色に溶け込んでいます(^-^)

お昼時になると、お店の入口前にはこんな「サービスランチ」のメニューが出されています。

ゆたかや 本店1.jpg


日替わりの丼と小鉢うどんのセットですね。

店内に入ると、真ん中に奥の厨房までお店の人が食事を運ぶ通路があって、その両側にテーブル席が並んだ造りになっています。

ゆたかや 本店2.jpg


ゆたかや 本店3.jpg


店内も昭和初期の雰囲気満載ですよね?

お店の人はもちろんご年配の方々ばかりで、接客はお店の看板おばあちゃんがしてくれます。

メニューは各テーブルの上に置かれていて、こんな感じになっていますね。

ゆたかや 本店4.jpg


ゆたかや 本店5.jpg


上が丼物や定食、下は麺類が載ったメニューですね。

麺類メニューは、上の段の価格が小鉢、下の価格が大鉢になっていますが、どれも均一価格で、なんと小鉢はすべて310円税込で味わえちゃうんですね(*^^)v

そんな訳で、今回は入口前に出されていた、「サービスランチ」(800円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

このランチ、日替わりの丼プラス、小鉢の麺類からお好きなものを選ぶことが出来るんですね(^-^)

注文すると、おばあちゃんがこんな「お茶」をい持って来てくれます。

ゆたかや 本店6.jpg


お茶にさじ?と思うかもしれませんが、このお店のお茶は食べられる茶葉を使用しているので、さじでかき混ぜて飲めるんですね(*^^)v

お茶を飲みながら待っていると、サービスランチの登場ですっ

ゆたかや 本店7.jpg


ご覧の通り、この日の丼は「みそ豚丼」、小鉢うどんは「中華そば」を選んだものになりますね(^-^)

みそ豚丼は名古屋らしい赤味噌仕立てで、濃厚な味噌がご飯に絡んで美味(^O^)

中華そばは、自家製の分厚い豚バラチャーシューがゴロンと乗っています。

うどん屋さんの中華そばなので、ダシが和風で美味しいんです(^-^)

いかがでしたでしょうか?

門前町にある懐かしい麺処のお店です。

毎年節分には大勢のお客さんで賑わう笠寺観音、毎月6の付く日は市が開催されているので、旧東海道の風情を感じながら、こんなお店でランチもいいですよ〜(*´▽`*)