2020年12月22日

中国料理 鮮楽園 緑店の「天津炒飯」

炒飯と天津飯が同時に味わえる「天津炒飯」、メニューにある中華料理屋さんも多いですよね?

結構値の張るお店も多い中、とてもリーズナブルに味わえるお店もあるんです(^-^)

と言う訳で、今日は緑区にある中華料理屋さんで、「中国料理 鮮楽園 緑店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は緑区の西部、「最中」交差点から南へ150mほど行った左手になります。

中国料理 鮮楽園 緑店11.jpg


名鉄本線「鳴海」駅からも歩いて行けるお店ですね。

駐車場は、敷地内に停められるようになっています。

安くて美味しい中華料理が味わえる鮮楽園さんですが、炒飯メニューもお値打ちで豊富なメニュー構成なんですね(^-^)

店内に入ると、正面にカウンター席・左右にテーブル席のある空間になっています。

中国料理 鮮楽園 緑店12.jpg


画像はテーブル席になりますね。

店内も綺麗なので、落ち着いて食事が出来る空間になっています。

メニューは冊子になった通常メニューの他、色んなランチも揃っています。

通常メニューの炒飯類が載ったページは、こちらになりますね。

中国料理 鮮楽園 緑店13.jpg


色んな炒飯が載っていますよね?

スタンダードな炒飯は、なんと380円税抜きの安さです(*^^)v

でも前述の通り、天津飯と炒飯が同時に味わえる「天津炒飯」(580円税抜)がオススメ。

なので今回は、そのメニューをご覧いただこうと思います(^-^)

では早速、実物をご覧下さいっ

中国料理 鮮楽園 緑店14.jpg


炒飯の上にフワフワの玉子とたっぷりの餡がかけられた天津炒飯は、滑らかな喉越しでとっても美味(^O^)

安くても味の方は合格点です(*^^)v

この価格で天津炒飯が味わえるお店は、少ないのではないでしょうか?

他にもお値打ちなメニューが目白押しのお店です。

南区にも店舗があるので、中華料理をお腹一杯食べたくなったら、利用してみるといいお店ですよ〜(*´▽`*)










2020年12月21日

大衆食堂 扇屋の「めしと惣菜」

名古屋市内から消えつつある一膳めし屋さん、好きなお惣菜を取ってサクッと食べられるのがいいですよね?

そんな一膳めし屋さんですが、こんな場所にも素敵なお店があるんです(^-^)

と言う訳で、今日は南区にあるお店で、「大衆食堂 扇屋」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は南区の南部、「柴田」交差点から国道沿いに南下し、二つ目の信号交差点を左折して東へ、そして二つ目の角を左折したすぐ左手になります。

大衆食堂 扇屋11.jpg


大通りから中へ入った、住宅地にあるお店ですね。

駐車場は、敷地内に停められるようになっています。

このお店は創業70年ほど経つ老舗の一膳めし屋さんで、家庭的な美味しいお惣菜とご飯が味わえるお店なんですね(^-^)

店内に入ると、右手にテーブル席やカウンター席、左手にお惣菜がズラリ並んだコーナーが目に飛び込んで来ます。

大衆食堂 扇屋12.jpg


かなり品数豊富ですよね?

焼魚に煮魚、フライや煮物なんかもあって、どれにしようか悩んでしまいます(^^;

これらのお惣菜は、80円〜200円ととてもリーズナブルなんですね(^-^)

一方、お惣菜を選んだら、お店の人にご飯(大・中・小)と汁物(味噌汁・貝汁・豚汁等)を伝えると、お盆に乗せてくれます。

ご飯は140円〜160円、味噌汁も80円〜100円ととてもお値打ちです(*^^)v

ご飯等を受け取ったら、座席に着いて食べるだけですね。

大衆食堂 扇屋13.jpg


店内は木の温もりが温かいログハウスに居るような空間ですね。

ヤカンにお茶も入っているので、自由に汲めるようになっています。

レンジも近くにあるので、自由に温めなれますね。

そんな訳で、今回はその一例をご覧いただこうと思います(*^^)v

こんな感じになりますよ〜

大衆食堂 扇屋14.jpg


画像は、鯖の煮付け・赤ウインナー・ご飯(中)・味噌汁になりますね(^-^)

お惣菜は高級食材こそありませんが、リーズナブルでとても素朴な美味しさ(^O^)

こんなお店が近くにあったら、毎日通ってしまいそうです(^^;

価格はこれでなんとワンコイン(500円税込)の安さ(^O^)

税込表示なのも嬉しいですね。

ちなみに、お惣菜のお持ち帰りも自由に出来るので、テイクアウトも気軽に出来ます。

南区にある老舗の一膳めし屋さん、家庭的な味に出会いたくなったら、一度訪れてみるといいですよ〜(*´▽`*)






2020年12月20日

コーヒー サントスの「ピラフ」

地元のお客さんがほとんどの町の喫茶店、常連さんがほとんどですよね?

昭和の雰囲気が未だに残る、そんな喫茶店がここにもあります(^-^)

と言う訳で、今日は南区にある喫茶店で、「コーヒー サントス」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄桜通線「鶴里」駅の1番出口から東浦通り沿いを北上し、三つめの四つ角を右折したすぐ左手になります。

サントス.jpg


バス通りから少し中へ入った、目立たない場所にある喫茶店ですね。

駐車場は、お店の南向かいに停められるようになっています。

このお店はご覧の通り昔ながらの喫茶店で、隠れ家の様に落ち着いてコーヒータイムが持てるお店でもあるんですね(^-^)

店内に入ると、手前にテーブル席・奥にキッチンのある造りになっています。

サントス1.jpg


店内もレトロなのがいいですね(^-^)

お店はご年配のマスターと、ママさんお二人でお店を切り盛りしています。

メニューは各テーブルに置いてあって、文字だけのシンプルなものになりますね。

店内の壁面にも、「ランチタイムメニュー」が掲げてあります。

サントス2.jpg


ランチメニューと言っても、軽食類にドリンクがお値打ちに付くスタイルですね(^^;

なので、このお店に日替わりランチや本格的な定食類はありません。

そんな訳で、今回は軽食類にある「ピラフ」(600円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

注文するとマスターがキッチンでフライパンを振ってくれて、こんな感じで出て来ますよ〜

サントス3.jpg


このお店のピラフは、ミックスベジタブルにダイスカットされたハムの入った物になりますね(^-^)

味噌汁が付いて来るのが、昭和の喫茶店らしいです(^^;

でもこのピラフ、家庭的な味で美味しいんです(*^^)v

なぜかほっこり出来る味なのは、この店内の雰囲気もあるからだと思います。

地元のお客さんがメインの、昭和の雰囲気がする喫茶店です。

近くで「隠れ家」をお探しの方は、利用してみるといいかも知れませんよ〜(*´▽`*)










名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介