2020年12月20日

コーヒー サントスの「ピラフ」

地元のお客さんがほとんどの町の喫茶店、常連さんがほとんどですよね?

昭和の雰囲気が未だに残る、そんな喫茶店がここにもあります(^-^)

と言う訳で、今日は南区にある喫茶店で、「コーヒー サントス」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄桜通線「鶴里」駅の1番出口から東浦通り沿いを北上し、三つめの四つ角を右折したすぐ左手になります。

サントス.jpg


バス通りから少し中へ入った、目立たない場所にある喫茶店ですね。

駐車場は、お店の南向かいに停められるようになっています。

このお店はご覧の通り昔ながらの喫茶店で、隠れ家の様に落ち着いてコーヒータイムが持てるお店でもあるんですね(^-^)

店内に入ると、手前にテーブル席・奥にキッチンのある造りになっています。

サントス1.jpg


店内もレトロなのがいいですね(^-^)

お店はご年配のマスターと、ママさんお二人でお店を切り盛りしています。

メニューは各テーブルに置いてあって、文字だけのシンプルなものになりますね。

店内の壁面にも、「ランチタイムメニュー」が掲げてあります。

サントス2.jpg


ランチメニューと言っても、軽食類にドリンクがお値打ちに付くスタイルですね(^^;

なので、このお店に日替わりランチや本格的な定食類はありません。

そんな訳で、今回は軽食類にある「ピラフ」(600円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

注文するとマスターがキッチンでフライパンを振ってくれて、こんな感じで出て来ますよ〜

サントス3.jpg


このお店のピラフは、ミックスベジタブルにダイスカットされたハムの入った物になりますね(^-^)

味噌汁が付いて来るのが、昭和の喫茶店らしいです(^^;

でもこのピラフ、家庭的な味で美味しいんです(*^^)v

なぜかほっこり出来る味なのは、この店内の雰囲気もあるからだと思います。

地元のお客さんがメインの、昭和の雰囲気がする喫茶店です。

近くで「隠れ家」をお探しの方は、利用してみるといいかも知れませんよ〜(*´▽`*)










名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介