2016年06月30日

はね海老の「本日の日替りランチ」

西区那古野にある「円頓寺商店街」、ここのあるお店はレトロな店舗が多く、サリーのブログでもいくつかご紹介して来ました。

その中でも有名店の一つで、今日は洋食屋さんの「はね海老」さんをご紹介しますね(*^-^*)

円頓寺へ何度か来たことがある方なら、知っている方も多いと思います。

場所は「円頓寺商店街」の中でも、「江川線」より東へ行った右手にあります。

はね海老.JPG


大きな赤い文字で店名が書かれた看板があるので分かりやすいですが、間口の狭いお店なのでうっかりすると通り過ぎてしまいます(^^;

ドアはガラス張りではないので中の様子が見えない為ちょっと不安になりますが、気軽に寄れるとても庶民的なお店です(^-^)

入口にあるメニューの入ったショーケースが、昭和の雰囲気を醸し出しています。

お昼時に訪れると、このショーケースの上に黒板に書かれた「ランチメニュー」があります。

はね海老1.JPG


この日は「エビフライ」に「トンカツ」のセットでした(^-^)

価格も「円頓寺価格」で、とてもリーズナブルです(*^^)v

店内に入ると奥に細長い店舗になっていて、両側にテーブル席が並んでいます。

座席に着くと奥の厨房からお店の人が出てきて、お茶とおしぼりを持って来てくれます。

はね海老2.JPG


気合の入ったおしぼりでしょ?

ねじり鉢巻きのようになったおしぼりが出て来ます(^-^)

ご覧の通りメニューは各テーブルに置いてあって、「トンカツ」とはじめ「エビフライ」や「トンテキ」・「カニクリームコロッケ」や「貝柱フライ」等、揚げ物が中心ですが懐かしい洋食メニューが並んでいます。

どれを注文しても1000円以下の価格になっています(^-^)

と言う訳で、今回は黒板にあった「本日の日替りランチ」(750円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

ではご覧下さいっ

はね海老3.JPG


お皿やお椀がレトロでいいでしょ?

ここの「エビフライ」は、海老を開いたものが揚げてあるのが特徴なんです。

「トンカツ」は薄いお肉ですが、自家製のデミソースがかかっています。

タルタルソースでなく、ただの「マヨネーズ」が添えてあるのがご愛嬌です(^^;

味の方は「昔おふくろが家で作った洋食」と言ったもので特別な味はしませんが、どこか少年の頃を思い出す懐かしさがあります(^-^)

円頓寺商店街は最近、若い人を中心に活性化に取り組んでいて20代のお客さんも多くなりましたが、このお店に来るお客さんは地元のご年配の方が多く、店内にいると「タイムスリップ」したような気分にさせてくれます。

たまにはこんな懐かしい洋食屋さんで、少年の頃を思い出してみるのもいいですよ〜(^^)/





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介