2018年11月22日

大衆食堂 宮平の「お惣菜とご飯」

現在も古い木造家屋が点在する千種区の今池周辺、そこには昭和の香るレトロな飲食店も数多く存在しています。

その中でもとりわけレトロ感のあるお店と言えば、最近は姿を消しつつある一膳めし屋さんですよね?

と言う訳で、今日は千種区にある一膳めし屋さんで、「大衆食堂 宮平」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、千種区の「今池」交差点を環状線沿いに北上し、「都通2」交差点を右折して300mほど東へ行った右手になります。

大衆食堂 宮平.JPG


とってのシブい外観でしょ?

この辺りはこんな古い木造家屋が多数存在していて、今では少なくなった一膳めし屋さんも存在しているんです(*^^)v

もちろん駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になりますね。

店内に入ると中は更にレトロで、土間に簡易的なテーブルとパイプ椅子が並んでるこじんまりした空間になっています。

奥に座敷もありますね。

メニューはテーブルに置いてなく、壁面にこんな札が掛けられているだけになっています。

大衆食堂 宮平1.JPG


さすが一膳めし屋さん、ご飯の大中小と赤だし、そしてビールのメニューしかありません(^^;

ではおかずはどうなっているのか?

一膳めし屋さんですので、奥にはこんなお惣菜の並んだ棚もありますね。

大衆食堂 宮平2.JPG


このガラスケースの中に色んなお惣菜が並んでいて、お好みで取ると気さくな大将が温めて持って来てくれます。

なので、まずは座席に着いたらご飯の大きさと赤だしを注文して、自由にお惣菜を取るシステムですね。

お惣菜の値段は書いてありませんが、とっても安いので心配要りません(*^^)v

そんな訳で、今回はこの日サリーが取った「お惣菜とご飯」(600円税込)をご覧下さいっ

大衆食堂 宮平3.JPG


画像は、ご飯の中にサバの塩焼き・イカリングフライになります。

大根おろしや漬物も付けてくれて、マヨネーズも持って来てくれるのが家庭的ですんr(^-^)

味の方はとってお素朴でレトロな美味しさ(*^^)v

お客さんもご年配の方が多く、居心地の良さで近所から訪れている常連さんが多いですね。

最近では希少になったレトロな一膳めし屋さん、懐かしい雰囲気を味わいたい時に行ってみるといいですよ〜(*´▽`*)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: