2018年12月02日

中国料理 劉家 熱田高校前店の「特製台湾炒飯」

台湾炒飯と言えば、台湾ラーメンの上に乗っている台湾ミンチが具に入った辛口の炒飯で、ピリっとしたパンチが効いていてたまに食べたくなる味ですよね?

でも、もっと辛口の炒飯が食べたい、そんなメニューがあるお店がありまあす(*^^)v

と言う訳で、今日は熱田区にある中華料理屋さんで、「中国料理 劉家 熱田高校前店」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、熱田区と港区の境にある「千年」交差点を、500mほど北上した左手になります。

中国料理 劉家.JPG


ちょうど名前の通り、「熱田高校」の西側にあるお店ですね。

駐車場は、お店の前に停められるようになっています。

このお店は刀削麺と言って、ラーメンを製麺する前の塊を包丁で削って麺にする、うどんでもラーメンでもない珍しい麺類が食べられるお店なんですね(^-^)

店内に入ると、左手に小上がり席・右手にテーブル席がある、よくある大陸系の中華料理屋さんらしい造りになっています。

中国料理 劉家1.JPG


座席の間隔も広く、ゆったり食事が出来る空間になっています。

メニューは各テーブルに置いてあって、ランチタイムには前述の「刀削麺」を使用した色んな麺類とご飯物の組み合わせのセットや、日替わりランチが載っている「ランチメニュー」が置いてあります。

でも今回は激辛炒飯のご紹介と言うことで、通常メニューのご飯物が載っているページがこちらですね。

中国料理 劉家2.JPG


もちろん、普通の「台湾炒飯」も載っていますね。

そして、激辛炒飯と言えばこのページにある「特製台湾炒飯」(600円税抜)になります。

では早速、実物をご覧下さいっ

中国料理 劉家3.JPG


濃い炒飯の色が辛さを物語っていますよね?

この炒飯はもちろん激辛ですが、辛いだけでなくゴロゴロした台湾ミンチの他に、刻んだチャーシューも入っていて、具沢山でとっても美味しい「旨辛い」炒飯なんですね(*^^)v

このメニューは最近少なくなった「海鮮館」さんしか食べられなかったメニューなんですが、炒飯の皿をよく見ると「海鮮館」の文字が!

そうなんです、このお店は海鮮館さんのグループのお店だったんですね(^-^)

普通の台湾炒飯では物足りない辛党の方におススメのメニューです。

辛党の方は一度訪れてみて下さいね〜(*´▽`*)







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介