2019年12月02日

喫茶 カエンの「イタリアンスパゲティ」

名古屋メシの代表格の一つである「イタリアンスパゲティ」、長年営業している喫茶店には必ずと言っていいほどメニューに載っていますよね?

一見、普通の民家にしか見えないこんな喫茶店にも、ちゃんとメニューに載っているんです(*^^)v

と言う訳で、今日は南区にある喫茶店で、「喫茶 カエン」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄桜つう線「鶴里」駅の2番出口から、南へ1.2kmほど行った左手になります。

喫茶 カエン.jpg


ちょうど、「赤坪」交差点から200mほど南下した場所にある喫茶店ですね。

駐車場は、敷地内に5台分停められるようになっています。

このお店はご覧の通り普通の民家に見える喫茶店ですが、建て替える前から通算すると、もうかれこれ半世紀ほど前から営業している老舗の喫茶店なんですね(*^^)v

店内に入って左に折れると、右手にキッチン・左手にテーブル席のある空間になっています。

喫茶 カエン1.jpg


天井も高く、落ち着いた色調の店内がいいですね(^-^)

お店はママさんの他、もう一人女性が働いています。

メニューは両面印刷になった文字だけのシンプルなものが各テーブルに置いてあり、片面にはドリンク類が、そしてもう片面には軽食メニュー等が載っています。

喫茶 カエン2.jpg


こちらは軽食メニュー等が載った面になります。

日替わりランチ等はありませんが、喫茶店にある昔ながらのメニューが一通り揃ったスタンダードなものですね(^-^)

良く見ると、やっぱり載ってた「イタリアンスパゲティ」(700円税込)!

名古屋以外の方や若い方は、イタリアンスパゲティのことを「ナポリタン」と言いますが、名古屋在住で50代以上の方は間違いなく「イタリアン」と言うんですね(^^;

そんな訳で、今回はこのお店の「イタリアンスパゲティ」をご覧いただこうと思います(*^^)v

注文してしばらく待っていると、厨房からスパゲティを炒める音と香ばしい香りがして。。。

熱々が登場しましたよ〜

喫茶 カエン3.jpg


楕円形の鉄板の上に乗って、熱々で出て来るのはお約束ですよね(^-^)

もちろん、卵が敷かれた上に太麺のスパゲティ、そして具は「ウインナー・玉葱・ピーマン」と定番のスタイルです(*^^)v

このお店の特徴は、玉葱とピーマンが大きく切ってあり、野菜の旨みが感じられること。

そして、ウインナーは赤ウインナーではなく、豚肉だけの上質なウインナーを使用しているので、お肉の旨みも同時に味わえます(^-^)

長年営業している喫茶店には必ずある「イタリアンスパゲティ」、美味しいお店の一つなので、近くを通ることがあったら寄ってみて下さいね〜(*´▽`*)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: