2020年01月13日

松浦商店の「こだま弁当」

電車の旅の楽しみと言えば「駅弁」ですが、今ではスーパー等でも売られていることがありますよね?

蟹や牛肉弁当等、結構値の張る商品も多いのですが、安価で美味しい駅弁もあるんですね(*^^)v

と言う訳で、今日は名古屋の老舗弁当屋さんで、中村区にある「松浦商店」さんの駅弁のご紹介です(*^-^*)

松浦商店さんの本社は名駅の西口近くにあり、JR名古屋駅構内のあちこちで販売されています。

創業大正11年の老舗で、特に「名古屋コーチン」を使用した駅弁が人気メニューになっています(^-^)

そんな松浦商店さんの駅弁ですが、リーズナブル価格でとっても美味しい商品があるんですね(*^^)v

その商品の名前は、「こだま弁当」(780円税込)(*^^)v

これ、安くても色んなお惣菜が入っていて、とっても美味しいんですね(^-^)

お弁当の外装は、こんな感じになっています。

松浦商店.jpg


レトロでしょ?

これは東海道新幹線が開通した昭和39年に発売されたお弁当で、現在でも名古屋駅等で販売されているんですね(*^^)v

ではその中身を早速、ご覧下さいっ

松浦商店1.jpg


シンプルで豪華な食材こそありませんが、「チキンカツ・焼鯖・玉子焼・肉団子・削り牛蒡煮・カマボコ・鰊入り昆布巻き・鶏肉煮・うぐいす豆・福神漬」等が入っていて、とっても美味(^O^)

特に、焼魚は小さくても串を打って焼かれていて、鶏肉煮の美味しさもピカイチ(*^^)v

これ、隠れた名物ではないかと思います(^-^)

今回は「こだま弁当」をご紹介しましたが、イオン系のお弁当コーナーにも廉価版のお弁当(398円税抜)も目立たないですが置いてあることもあります。

とっても美味しい老舗のお弁当屋さんなので、どこかで見つけたら是非一度味わってみて下さいね〜(*´▽`*)









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: