2016年11月10日

きしめん 浅田屋の「きしめん定食」

「きしめん」と言えば名古屋メシの代表格の一つに数えられますが、昔ながらの「濃い出し汁」で作られた「これが名古屋のきしめん」と言えるお店って少ないんですよね。

最近は、「きしめん」も進化して、名古屋駅のホームで食べられるお店も頑張っていてとても美味しいのですが、生粋の名古屋人であるサリーは、やはり真っ黒な出し汁に浸された「きしめん」が懐かしく思います。

と言う訳で、今日は西区那古野に古くからあるうどん屋さんで「きしめん 浅田屋」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄桜通線「国際センター」駅の2番出口から少しだけ東へ行き、初めての角を左折して300mほど北上した左手にあります。

浅田屋.JPG


ご覧の通り、テントも傾いている古い木造家屋のうどん屋さんです。

江川線から少し東へ入った旧市街地にあるお店で、この界隈には「円頓寺商店街」や江戸時代の街並みが残る「四間道」など歴史を感じる建物が数多く残っている場所にあります。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

店内に入ると、左手に厨房・真ん中にテーブル席・右手に座敷があって、奥にも座敷がある造りになっています。

お昼時は近所の会社員の人々でとても賑わっていますが、満席になると実は2階にもある大広間へ通されることもあります。

浅田屋1.jpg


厨房には年配の大将が忙しそうに調理していて、外はおばちゃん数名でお店を切り盛りしています。

このお店はサリーの友人の叔母さんが経営しているお店で、夜に訪れるとうどん屋さんに無いような「酒の肴」を適当に持って来てくれたりしてとても安いので、居酒屋状態になってごった返しています(^^;

メニューはテーブルには置いてなく、壁面に貼ってある昔ながらのスタイルです。

浅田屋2.jpg


レトロですよね(^-^)

麺類や丼物はもちろん、他に色んな定食もあってバリエーション豊富なお店です。

美味しいメニューも色々あるのですが、やはり最初に訪れたなら「きしめん定食」(780円税込)がおススメです(*^^)v

では早速実物をご覧下さいっ

浅田屋3.JPG


前述の通り「真っ黒な濃い出し汁」でしょ?

きっと名古屋人でないと口に合わないかも知れませんが、これが本当の昔ながらの「きしめん」なのです(*^^)v

色は濃く味も濃いですが、くどさは感じられずしっかりダシの効いた美味しいきしめんです。

具はもちろん定番の「ネギ・カマボコ・鰹節・揚げ」が入っていて、定食にするとご覧の通り「ご飯・漬物」の他に「海老天・サツマイモ天・ほうれん草・大根おろし」のお皿と「ポテトサラダ・卵焼」のお皿も付いて来ます(^O^)

天ぷらは揚げ置きですが、このお皿に乗っている物を「きしめん」に入れると、「天ぷらおろしきしめん」になってとっても美味(^-^)

自家製のポテトサラダと卵焼きも中々いい味しています(*^^)v

名古屋の人以外には馴染まない味かも知れませんが、観光客用のお店より地元の人しか行かない本場のきしめんが食べたいと思ったら、訪れてみるといいですよ〜(*´▽`*)






2016年10月31日

味の味 しゃんはいの「Aランチ」

名駅にほど近い「円頓寺商店街」はこのブログでも色んなお店をご紹介していますが、更にその西側にも「西円頓寺商店街」が続いています。

こちらは「アーケード街」にはなっていませんが、昔ながらの個性的なお店がいくつもあるんです。

と言う訳で、今日は「西円頓寺商店街」にあるお店で、「味の味 しゃんはい」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、名古屋駅の北東にある「那古野」交差点を北上し、初めての信号を左折したすぐ右手にあります。

しゃんはい.JPG


ちょうど「円頓寺商店街」を、西へ行った延長線上になります。

なので住所は「名駅二丁目」ですが、「西区の名駅二丁目」になります。

お店の名前からして「中華料理屋」さん?と思うかも知れませんが、もちろん中華料理メニューもありますがどちらかと言えば「定食屋」さんと言う感じのお店です。

さてこのお店、入口のドアを開けて中に入ると薄暗い通路が続いていて、奥へ進むと店内の空間が広がっている不思議なお店です。

多分、初めて訪れる方は、「大丈夫かなぁ・・・」と間違いなく不安になります(^^;

店内の空間に出ると、右手に厨房とカウンター席・左手にテーブル席が広がっており、その奥には座敷もある造りです。

しゃんはい1.JPG


とにかくかなり古い木造家屋の建物なので綺麗なお店ではありませんが、それがまた「西円頓寺商店街」にあるお店の醍醐味です(*^^)v

店内に入ると、お店のおばちゃんが右手にあるホワイトボードに書いてある「ランチメニューを見てね」と案内されます。

いやぁ、いいですねこんなお店(^-^)

庶民的な日替わりの定食メニューが、いくつも並んでいます(*^^)v

なのでテーブルにメニューは無いので、皆さんこのホワイトボードを見て注文しています。

そのホワイトボードの画像はありませんが、壁に貼ってあるメニューはこんな感じです。

しゃんはい2.JPG


屋号からして「中華メニュー」は一通り揃っていますが、おススメは右下に書いてある「お昼の日替ランチ」!

毎日種類が4種類あって、「Aランチ」「Bランチ」「Cランチ」そして「スペシャルセット」になっています。

価格も680円税込からと「円頓寺価格」が嬉しいですよね(^-^)

今回は、この「お昼の日替ランチ」で一番お値打ちな、「Aランチ」(680円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

ではご覧下さいっ

しゃんはい3.JPG


なかなか庶民的な定食でいいでしょ?

この日の「Aランチ」の内容は、「アジフライ・イカフライ2個・赤ウインナーの天ぷら・焼きそば・卵焼き」等で盛りだくさん。

もちろん「ご飯・味噌汁」も付いていますが、この日の味噌汁は「豚汁」になっていて、ボリューム満点でした(^O^)

味の方は、家庭料理っぽくって素朴な美味しさです(^-^)

意外なのはこんな古いお店にもかかわらず、近所の会社のOLさん等女性のお客さんも結構みえます。

名古屋駅から歩いても10分程度のお店です、こんなお店を知っていると友達に尊敬されるかも?

とにかく、庶民的で安くて美味しいサリーおススメのお店なので、話のタネに一度訪れてみるといいですよ〜(*´▽`*)











2015年12月22日

那古野そばの「ランチセット」

名古屋駅から北西へ1kmほど行った所に「江川線」を挟んで東西に伸びる「円頓寺商店街」、中区大須のミニチュア版みたいなアーケード街ですが、ここにはお値打ちで美味しいお店が沢山あります(*^^)v

そんな訳で、今日は西区の円頓寺商店街にある「那古野そば」さんをご紹介しますね(*^-^*)

お店の場所は地下鉄桜通線「国際センター」駅の2番出口を出て「江川線」を北上し、二つ目の信号を右折して20mほど行った右手にあります。

那古野そば.JPG


つい先月の1月までは「わや食堂」と言う名前で、自家農園栽培野菜を使用したヘルシーな和食系バイキングのランチを提供していました。

その後現在の名前に変わり「蕎麦」中心のメニュー構成になりましたが、画像にも少し写っているようにお店の前には以前と同様に自家農園で採れた新鮮な野菜の販売もしています(^-^)

ランチタイムになるとお店の入口には、こんな「ランチセット」(850円税込)の黒板が出されています。

那古野そば1.JPG


とてもお値打ちですよね(^-^)

店内に入ると白を基調にした明るい店内で、広々とした空間にテーブル席が並んでいます。

このお店は2階にある「福祉施設」が経営する飲食店なので、床もバリアフリーになっていて車椅子での来店もしやすい優しいお店になっています(^-^)

座席に着くと、テーブルにランチメニューが置いてあります。

那古野そば2.JPG


入口の黒板にも書いてあった「ランチセット」をはじめ、「ミニ甘味セット」や裏面には単品の蕎麦メニューも載っています。

今回ご覧いただく「ランチセット」は「蕎麦と「ミニ丼」がセットになったもので、蕎麦は「かけそば・ざるそば・ぶっかけそば」の中から、ミニ丼は「天丼・どて丼・しらす丼・鶏そぼろ丼」から選択できます。

因みに蕎麦の大盛りは無料なので、お腹が空いてる時は大盛りがお得です(*^^)v

ではこの日サリーが選んだ「ランチセット」(ぶっかけそば・天丼)をご覧下さいっ

那古野そば3.JPG


画像は蕎麦大盛りで、サラダと漬物も付いています(*^^)v

蕎麦は「つなぎ」が入った白っぽいものですが、適度な舌触りと喉越しが良くこの価格で食べられる蕎麦としてはかなり美味しい部類に入ります(^-^)

美味しい蕎麦を食べようと思うとすぐに1000円以上になってしまうので、この価格で丼とのセットはコスパが高いと思います。

この界隈には美味しい蕎麦屋さんが数件ありますが、手頃な値段で美味しい蕎麦が食べられるお店です(*^^)v

皆さんも「円頓寺」を訪れることがあったら寄ってみる価値ありますよ〜(^^)/







名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介