2016年03月25日

手打うどん おか茂の「ミンチカレーうどん+ごはん小」

昔のカレーうどんと言えばカレー粉を片栗粉で溶いで出汁を入れたもので、最近の小麦粉でとろみを出したものと違いますよね?

どちらも美味しいのですが、両方の良い所を取った美味しいカレーうどんを提供してくれるお店があります(^-^)

そのお店がこちら、西区の「明道町」交差点近くにある「手打うどん おか茂」さんです(*^-^*)

場所は「明道町」交差点から20mほど東へ行った右手にあるお店です。

おか茂.JPG


駐車場はお店の南側の空き地に停められるようになっています。

入口の横にはアルミ製の出前容器が置かれていて、昭和の時代にあったうどん屋さんを彷彿されるお店です。

目立たないお店ですが、お昼時には近くの会社員の方や近所の方で一杯になるお店です。

ちいさなお店で、店内に入ると左手に厨房とカウンター席が2席、右手に4人掛けのテーブル席が3卓と、14名で満席になってしまう程度のお店です。

でもこのお店、味は中々のものです(*^^)v

メニューはシンプルにこんなものが置いてあります。

おか茂1.JPG


普通の街のうどん屋さんにあるメニューですよね(^-^)

裏面には丼やドリンクメニューが書いてあります。

おか茂2.JPG


ご覧の通り普通のうどん類や丼物も美味しいのですが、やっぱりここへ来たらカレーうどんを一度食べてみて下さい。

そして、一緒に自家製の「ミンチカツ」を注文することをおススメします(*^^)v

そのセットを注文するお客さんが多いせいか、このメニューの下にも「組み合わせ例」が書いてあります。

そうなんです、今回ご覧いただくのは「ミンチカレーうどん+ごはん小」(1020円税込)ですっ

おか茂3.JPG


下町のうどん屋さんなのにちょっといい値段しますが、このカレーうどんとミンチカツは中々のものです(*^^)v

カレーうどんは鰹出汁がシッカリ効いてて片栗粉のとろみ、そして若鯱家のように小麦粉の濃厚さも出ています(^-^)

ミンチカツも自家製で、揚げたてのジューシーさは食べた方しか分からない美味しさ(*^^)v

ご飯と漬物もあってお腹一杯になるメニューです(^O^)

お店のおばちゃんも気さくで良い人達です(^-^)

隠れた名店かも知れません、繁華街からちょっと離れていますがチェーン店にはない雰囲気と美味しさのお店です。

こんなお店も末永く営業し続けて欲しいと願うサリーです(*´▽`*)









2015年11月12日

きときと 名古屋店の「日替り御膳」と「富山新湊産白海老天丼御膳」

以前、このブログで中区の伏見にある「富山湾の幸」が美味しい「きときと 釣谷鮮魚店」さんの「夜のコース料理」をご紹介しましたが、今回は姉妹店で名駅にある「きときと 名古屋店」さんのランチメニューをご紹介しますねっ(*^-^*)

美味しい和食が食べられるお店はどこも価格が高くなりがちですが、この「きときと 名古屋店」ではリーズナブルな価格で富山湾の幸のランチが味わえるんです(^-^)

ではお店の場所からご案内したいと思います(*^^)v

名駅から少しだけ離れた場所にあるのでちょっと分かり辛いかも知れませんが、その分都会の喧騒から逃れたお店は落ち着いてお食事を味わうことが出来ます(^-^)

名古屋駅の東口を出て桜通沿いを東進すると、二つ目の信号交差点角の左手に「ロイヤルパークホテル」の一階に入居している「ファミリーマート」があります。

そのコンビニの角を左折して、北へ300mほど行った右手にこんな外観のお店がひっそりと佇んでいます。

きときと 名古屋店.JPG


ちょっと高級そうに見えるって(^^;?

いいえ、ランチタイムなら心配はいりません(*^^)v

お店は午前11時より営業しているので、予約なしの場合は早めの時間がおススメです。

店内に入って左側にはカウンター席、石畳の通路を右手に進むと個室で掘りごたつの大小お座敷がいくつも並んでいます。

店員さんが人数に合わせて案内してくれます(^-^)

この日のサリーは2名で訪れたのですが、こんな落ち着いた和室に通されました。

きときと 名古屋店1.JPG


さて、最初の画像にもお店の入口に「お昼の献立」が出てたように、テーブルの上にもちゃんとお品書きが置いてあります。

ちょっと見にくいかも知れませんが、お昼はこれだけのメニューがあります(*^^)v

きときと 名古屋店2.JPG


え?高いじゃんって?

いえいえ、入口に出てたメニューにはこれ以外に「日替り御膳」(1000円税込)があるのでご心配なく(*^^)v

このメニューで嬉しいのは、日替わりと言うだけあって毎日素敵な和食メニューがあらかじめ予定されているんです(^-^)

例えば今月(11月)の第1週はこんな感じです。

きときと 名古屋店3.JPG


ご覧の通り日によって「海鮮丼」とか「ふぐちり鍋」なんかもあって、なかなか価格ににては豪華な内容でしょ?

ちなみにこの日は5日(木)だったので「海鮮ミックスフライ・牛焼肉炒め・ポテトサラダ・ご飯・漬物・春雨スープ」でした(^O^)

では早速ご覧下さいっ

きときと 名古屋店4.JPG


いかがですか?

海老フライに白身魚フライ・牡蠣フライも2個に牛焼肉炒めも付いて1000円ポッキリ、しかも個室でゆったりと食べられます(^-^)

お味の方も本格的な和食料理屋さんなので折り紙付きです(*^^)v

タワーズレストランだと倍以上はする内容ですよ〜!

でも、せっかく富山湾の新鮮な幸がウリのお店なので、もうひとつおススメのメニューをご紹介しますね。

それは先ほどのメニューの一番右に書いてある「富山新湊産白海老天丼御膳」(1500円税込)なんです。

これならそんなに高くないでしょ?

富山湾でしか獲れない貴重な「白海老」は旬が春なのですが、このお店では年中食べることが出来ます(*^^)v

では画像をご覧下さいっ

きときと 名古屋店5.JPG


ご飯が見えないくらい盛られた白海老天は、30匹以上入っててとても豪華です(^O^)

実際に富山県の温泉旅館へ行っても、こんなに白海老が使用された天ぷらは中々ありません。

サラダと鰤の入ったみそ汁、そして小鉢の炊き合わせも付いててとってもお得なメニューです(*^^)v

味と価格は申し分なしですが何より静かにゆったり個室で食べられますので、ビジネスの商談はもちろん親しい友人やご両親を連れてきてあげると喜ばれるお店でもあります(^-^)

予算が1000円ある時は、是非一度行ってみていただきたいお店です(*´▽`*)



2015年06月18日

四季の蔵右近の「松花堂弁当」

いつも庶民的なB級グルメのお店が続いたので、今回はちょっとお洒落な雰囲気のあるお店をご紹介しますね
国際センター(泥江町交差点)から桜通りを東へ行き、堀川の手前にある桜橋西の信号のひとつ手前の筋を左へ少し入った所にこのお店はあります。

名駅からこんなにも近いのに繁華街の喧騒とは一転、まるで江戸時代へタイムスリップしたかのような風情のある街並みに出会えます。

右近.JPG




それもその筈、この一帯は「名古屋市四間道街並み保存地区」に定められているからなんです。

時代を遡ること慶長15年より名古屋城の築城が始まった際、以前の尾張地区の拠点であった清州より商人達もここへ移り住みました。

ここは名古屋城から近いだけでなく水運が利用出来る堀川があった為、城下町へ物資を供給する商家が軒を連ねたらしいです。

当時は火事により甚大な被害を被ることが稀にあったこともあり、防火と商業活動がしやすいように四間(約7m)もの広い道が出来たと伝わっています。

そんな情緒豊かな町家と土蔵の続く四間道を歩いて行くと、右手に白漆喰塗りの蔵が見えて来ます。

右近1.JPG


そう、ご覧の通りこのお店は「蔵」を改装したお店なんです

店の名前は「四季の蔵右近」、ランチタイム時は表にメニューが出されています。

そして中へ入ると。。。

右近2.JPG


少し薄暗いのは元本物の蔵なので、外は蒸し暑いのに中はひんやりしていて古い階段と柱がとても良い雰囲気を醸し出しています(^-^)

内装はアンティーク調で落ち着いた気分にさせてくれます。

メニューはお手軽なサンドイッチやカレーから本格的な和のコースまで色々ありますが、サリーはいつもここへ来ると「1100円税込」の「松花堂弁当」を注文。

すると可愛らしくこんな感じで出て来ます

右近3.JPG


なかなか良さそうでしょ?

この日はメインに「豚の生姜焼き」を選びましたが、もうひとつ「天婦羅」にも出来るので気分に合わせて注文してくださいね。

中身は画像にあるようにメイン料理の他、焼魚や季節のお料理がギッシリ(^O^)!

一つ一つが丁寧に作られていて、見た目がとても綺麗で味の方もかなり美味しいです(*^-^*)

食事の後は別途「350円税込」で「デミコーヒー&デザートセット」があります。

この日も女性のお客さんが多かったのは、ゆったりお食事しておしゃべり出来るからかもしれませんね。

同じ街並みにはどこも雰囲気の良いお店がひっそりと営業しているので、お散歩がてら是非訪れてみてください。

名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介