2016年03月16日

麺屋 やま昇の「つけ麺」

ここ数年前からでしょうか、名古屋にも「つけ麺」のお店が沢山出店しましたよね。

色んなお店があるので好みは様々だと思いますが、比較的バランスが良く大勢の方が食べて美味しいと感じるお店が西区の円頓寺商店街の入口にあります(*^-^*)

そのお店の名前は「麺屋 やま昇」さんと言って、地下鉄桜通線「国際センター」駅のある「泥江町」交差点を北上し、二つ目の信号(円頓寺)の東南角ビルの一階に入居しています。

やま昇.JPG


江川線沿いで大きな看板があるので、すぐに分かる場所になっています。

このお店は現在他にも「栄」や「山王」にもお店を出しています。

年中無休で午前11時よりオープンしていますが、11時半頃にはほぼ満席になる位の人気です。

店内に入るとまず右側にある「食券販売機」で好みのラーメンを選び、購入するようになっています。

やま昇1.JPG


メイン商品である「つけ麺」は、「普通」と「味玉入り」と「全部入り」の3種類で、他に辛口のタイプや「中華そば」もあって、同様に3種類が用意されています。

麺の量も選べ、通常は200gですが大盛り(300g)までは無料になっています(^-^)

食券を購入して店員さんに渡したら、座席に着いて待つことになります。

やま昇2.JPG


店内はこんな風に「カウンター席」が十数席と、4名掛けのテーブル席が二つあります。

この画像は開店と同時に入った時撮ったので誰も居ませんでしたが、15分もしないうちに満席になりました。

待つこと10分位でしょうか、やって来ましたよ〜

やま昇3.JPG


麺は黄色い太麺でもっちり、つけダレは茶色く濁ったスープになります。(画像は大盛りです)

麺には刻み海苔が載っていて、スープにはゴロっと厚切りの炙りチャーシュー、そしてメンマや水菜が入っています(^-^)

このスープは「豚骨・鶏・魚介」で取った出汁になっていて、濃厚でかつ「旨み」が強い美味しいスープです(*^^)v

やや魚介系が強いので豚骨なのにあっさりしていて、魚介系が嫌いな方以外は美味しいと感じるのではないでしょうか。

以前このブログでもご紹介した「豆天狗」さんに似ていますが、こちらの方が味のバランスが良いかも知れません(^-^)

テーブルには魚粉や酢も置いてあって、お好みにより味を調節出来ます(*^^)v

最後に鰹だしのポットでお湯を注ぐと、スープも美味しく飲み干せます(^O^)

名駅からも歩いて行ける距離なので、つけ麺好きの方は是非食べてみて下さいねっ(^^)/






2016年02月09日

餃子の富都の「八宝菜定食」

お菓子問屋がある街で有名な「明道町」界隈は、今でも色んな古いお店が沢山あって古き良き時代の面影を色濃く残しています。

その「明道町」にある、とってもお値打ちな中華料理屋さんを今日はご紹介しますね(*^-^*)

お店の名前は「餃子の富都」さんと言って、少し前に新しく出来ました。

場所は地下鉄桜通線「国際センター」駅の1番出口を出て江川線沿いを500mほど北上した、「明道町」交差点の北西角にあるお店です。

餃子の富都.JPG


「円頓寺商店街」を越えてすぐの所で、西区になりますが地下鉄の駅から歩いて10分もかからず、明道町交差点の角なので非常に分かりやすい場所にあります(*^^)v

名前に「餃子」とありますが、餃子専門店ではなく普通の中華料理屋さんです。

お店の入口横には、こんなセットメニューも掲示されています。

餃子の富都1.JPG


お値打ち価格ですよね(^-^)

でも、店内のメニューにはもっとお値打ちなメニューがあります(*^^)v

お店の中に入るとテーブル席が並んでいて、一番奥が厨房になっています。

餃子の富都2.JPG


小さな店舗に見えますが、実は2階にも座席があって、宴会も出来るようになっています。

さて、メニューはどんな風になているかと言うと、この店は「セットメニュー」や「定食メニュー」がとてもリーズナブル価格で充実しています(^-^)

例えば一例をご紹介すると。。。

麺飯セット」という組み合わせメニューがあります。

餃子の富都3.JPG


よくある「麺類」と「ご飯もの」の組み合わせに見えますが、画像の通り「麺類」と「ご飯もの」と「一品料理」の中から2品選ぶと「680円税込」、3品選ぶと「880円税込」になるシステムになっています。

なので、麺類とご飯物の組み合わせでも良いし、麺類と一品料理またはご飯ものと一品料理の組み合わせにしても2品なら680円税込で食べられるという具合です(*^^)v

このメニューはランチタイムだけでなく、夜も100円増しで食べられます(^-^)

あと、今回ご紹介する「定食メニュー」はこんな感じになっています。

餃子の富都4.JPG


沢山種類がありますが、すべて680円税込で食べられます(*^^)v

これはおススメで、メイン料理の他に「ご飯・ミニラーメン・小鉢・漬物・デザート」まで付いて、しかもご飯お替り自由なんです(^O^)

と言うことで、この日のサリーはこの中から「八宝菜定食」(680円税込)を注文!

すると5分程度で出て来ましたぁ

餃子の富都5.JPG


価格は安くても美味しい中華料理です(^-^)

お店の人達はすべて「中国系」の方で、お互い中国語で話しているので何をしゃべっているかサッパリ分かりませんが(^^;

国際センター駅のある「泥江町」からこの「明道町」にかけての江川線沿いには、こんなお値打ちな中華料理屋さんが沢山あります(^-^)

皆さんもお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょうか(*´▽`*)














2016年01月15日

台湾料理 海鮮館 那古野店の「特製台湾チャーハン」

名古屋発祥の「台湾ラーメン」は、今や名古屋の中華料理屋さんのほとんどのお店で食べられるようになりました(^-^)

その台湾ラーメンの具である「台湾ミンチ」を入れて作ったチャーハンが、「台湾チャーハン」として定着しつつあります。

どちらも辛口のメニューになりますが、今日はその中でも「激辛」の「特製台湾チャーハン」があるお店をご紹介しますね(*^-^*)

そのお店の名前は「台湾料理 海鮮館」さんと言って、名古屋市内および近郊に数店舗出店していますが、今回は名駅にほど近い「那古野店」さんのレポートです(*^^)v

お店の場所は地下鉄桜通線「国際センター」駅の2番出口を出て「江川線」沿いを北上し、300mほど行った右手にあります。

海鮮館 那古野店.JPG


いかにも「中華料理屋」さんと言った外観ですよね(^-^)

ランチタイムには、お店の前に本日の「日替りランチ」メニューが2種類(AとB)出されています。

海鮮館 那古野店1.JPG


日替りの「メイン」は実物になっていて、あとは「器」だけが並べてあってラップにマジックで「ラーメン」とか「スープ」とか書いてあるのが面白いです(^^;

店内は広く、円卓やテーブル席あり座敷ありと、雑然としていますがゆったりした空間が広がっています。

テーブルの上には先程お店の外に出されていた「日替りランチ」メニューが置いてあります。

海鮮館 那古野店2.JPG


どちらも700円税込でボリュームタップリ(^O^)!

しかも、食後のコーヒーまたは杏仁豆腐も付いて来るのが嬉しいランチです(^-^)

裏面にはよくある「麺類」と「ご飯物」のセットである「ランチラーメンセット」(780円税込)が載っています(^-^)

海鮮館 那古野店3.JPG


こちらも、食後のコーヒーまたは杏仁豆腐が付いています(*^^)v

お得なランチメニューが満載のお店ですよね(^-^)

でも今回はタイトル通り、単品メニューである「特製台湾チャーハン」(618円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

このメニューは、レギュラーメニューにある「飯類」のページに載っています。

海鮮館 那古野店4.jpg


「台湾チャーハン」は2種類あって、普通の「台湾チャーハン」と「特製台湾チャーハン」があります。

辛さが苦手な方は、少しピリ辛の「台湾チャーハン」をおススメしますが、辛いのが好きな方は是非「特製台湾チャーハン」食べてみて下さい(*^^)v

では実物をご覧下さいっ

海鮮館 那古野店5.JPG


画像では分かりにくいですが普通の「台湾チャーハン」と違って、具は大き目で辛い「台湾ミンチ」に「焼豚・玉子・人参・コーン」なんかがタップリ入っています(^O^)

普通は少し油っこいチャーハンも、この辛さと旨みで最後まで美味しく食べられます(^-^)

量もタップリでスープも付いてこの価格はお得ですよ(*^^)v

まだ食べたことのない「辛党」方には是非おススメしたいチャーハンです。

職場が近い方は一度食べてみて下さいね〜(^^)/







名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介