2018年08月13日

中華飯店 華宴の「餃子」と「焼きそば」と「炒飯」

旧街道沿いの古い町並みには、昔ながらの飲食店も多く存在していますよね?

そんな場所にある中華料理屋さんは、日本人が経営していてとってもお値打ち価格だったりするんです(*^^)v

と言う訳で、今日は中川区にある中華料理屋さんで、「中華飯店 華宴」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、近鉄名古屋線「烏森」駅のある「烏森駅西」交差点を、佐屋街道沿いに東へ500mほど行った左手になります。

中華飯店 華宴.JPG


ホント昔ながらのイニシエ系中華料理屋さんですよね?

駐車場はないように見えますが、お店から少し東へ行った左手の「スギ薬局」駐車場入口部分に2台分確保されています。

さてこのお店、前述の通り日本人の経営する昔ながらの中華料理屋さんで、とってもお値打ち価格で美味しい中華料理が食べられるお店なんですね(^-^)

店内に入ると、左手に厨房とカウンター席、右手にテーブル席の並んだ空間が広がっています。

中華飯店 華宴1.JPG


朱色のメラミン塗装されたカウンターが、レトロ感を出していますよね(^-^)

壁面側には懐かしい「お品書き」も貼ってあります。

中華飯店 華宴2.JPG


こんなお店って、妙に落ち着くのはサリーだけでしょうか?

お店は大将と女将さんお二人で切り盛りされていて、座席に着くと水とおしぼりを持って注文を取りに来てくれます。

メニューは文字だけで両面印刷になったものが各テーブルに置いてあって、片面には通常メニューが載っています。

中華飯店 華宴3.JPG


なんと、ラーメンも400円税込からあって、麺飯物はほとんど500円台の安さ(^O^)!

いやぁ、昭和にタイムスリップしたような価格です(^-^)

そして裏面には、「ランチメニュー」が載っています。

中華飯店 華宴4.JPG


これもなんと、「ラーメン+ライス」が450円税込からあって、「炒飯+ラーメン」でも600円税込の安さです(*^^)v

めっちゃお値打ちですよね?

でも、この日のサリーは日祝日に訪れたので、単品メニューを注文!

まずは定番、「餃子」(330円税込)からご覧下さいっ

中華飯店 華宴5.JPG


小ぶりですが8個ある餃子は、細挽肉の餡が入っていて口当たりの良い美味しさ(*^^)v

これ、ビールの肴にもってこいの味です(^-^)

価格もお値打ちなのがいいですね?

そして次は「焼きそば」(550円税込)になりますっ

中華飯店 華宴6.JPG


こちらは、野菜やお肉の入った餡がたっぷりかかった中華風の焼きそばです。

麺も炒めてあるので香ばしく、これもお酒の肴になる味付けですね(^-^)

そして最後は定番の「
炒飯」(450円税込)になりますっ

中華飯店 華宴7.JPG


特に派手な具材は入っていませんが、パラパラで炒めたての炒飯は、昔どこかで食べた懐かしい味(^-^)

昔の中華料理屋さんへ行くと、こんな味だったなぁと思える美味しい炒飯です(*^^)v

特別変わった料理がある訳ではありませんが、安くてお腹一杯になる下町のお店です。

たまには昔を懐かしんで、こんなお店で中華料理もいいですよ〜(*´▽`*)




2018年06月16日

台湾料理 海味亭の「激辛台湾炒飯」

ガテン系のお客さんの多い大陸系中華料理屋さん、安くてお腹一杯になるのが魅力ですよね?

そんな中華料理屋さんですが、激辛の台湾炒飯があるお店があります(*^^)v

と言う訳で、今日は中川区にある中華料理屋さんで、「台湾料理 海味亭」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は中川区の東部、「四女子南」交差点の北西角になります。

台湾料理 海味亭.JPG


大通りである環状線(太平通)沿いにある目立つお店ですね。

駐車場はお店の前の他、北側にも確保されています。

店内に入ると、右手が厨房・左手に奥までテーブル席が広がっています。

お店のママさんも中国の方で、流暢な日本語で注文を取りに来てくれます。

テーブルには通常メニューの他に色んなメニューが置いてあって、「ランチメニュー」はこんな感じですね。

台湾料理 海味亭1.JPG


よくある「麺飯セット」の他、「日替わりランチ」も用意されています。

このお店で特徴的なのは、「麺飯セット」で「炒飯」を選ぶとなんと炒飯が「お替わり自由」になること(^O^)!

炒飯好きには嬉しいメニューですよね?

そんなお得で美味しいランチメニューも良いのですが、このお店はピリ辛の「台湾炒飯」の他に「激辛台湾炒飯」と言うメニューも存在しているんです(*^^)v

それは通常メニューの「飯類」のページに載っています。

台湾料理 海味亭2.JPG


右下にあるのがそのメニューになりますね。

激辛と書いてあり、唐辛子マークが3つも載ってます。

それでは早速、その「激辛台湾炒飯」(580円税抜)をご覧下さいっ

台湾料理 海味亭3.JPG


ガテン系の多いお店だけあって、てんこ盛りですね(^^;

多分、茶碗3杯分はあるのではないでしょうか?

一口食べると。。。

うぅ〜ん、辛いっ!!

でも不思議とクセになる美味しさなんですね(^-^)

台湾ミンチはもちろん、焼豚も沢山入っているので、具沢山の炒飯です(*^^)v

あるようで激辛の炒飯が食べられるお店って、意外と少ないんですよね。

辛党で炒飯好きの方は、是非一度訪れてみて下さいね〜(*´▽`*)





2018年06月03日

台湾料理 麒麟閣の「日替り定食」

安くてボリュームのある大陸系中華料理屋さん、皆さんのお近くにも必ずありますよね?

そんな中華料理屋さんですが、経営は変わっても古くから営業しているお店があります。

と言う訳で、今日は中川区にある中華料理屋さんで、「台湾料理 麒麟閣」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、国道一号線と太平通りの交わる「昭和橋通3」交差点を、太平通り沿いに北へ250mほど行った右手になります。

台湾料理 麒麟閣.JPG


以前、このブログでもご紹介した、「デカフェ」さんの東隣にあるお店ですね。

この中華料理屋さんと隣の喫茶店の建物は、サリーが小学生だった頃の45年以上前からある年代物の店舗で、経営者は何度も変わってますが相変わらず喫茶店と中華料理屋さんの組み合わせで長年営業しています。

店内に入って右に折れると、左手に厨房・真ん中にテーブル席・右手に小上がり席、そして一番奥にも小上がり席のある空間が広がっています。

台湾料理 麒麟閣1.JPG


内装はかなり年季が入っているので、古さを感じますね(^^;

サリーが小学生の時は「太平閣」と言う中華料理屋さんで、壁面に「アポロ11号のクルー3人のポスターが貼ってあった記憶があります(^^;

テーブルには冊子になった通常メニューの他、こんな「ランチメニュー」も置いてあります。

台湾料理 麒麟閣2.JPG


大陸系のお店らしいメニューですよね?

「日替り定食」の他によくある麺飯セット、そして裏面には「麺類+餃子」・「ご飯物+餃子」のセットも載っています。

でも一番お値打ちなのは「日替り定食」(700円税込)ですね(*^^)v

では早速、実物をご覧下さいっ

台湾料理 麒麟閣3.JPG


台湾料理 麒麟閣4.JPG


日替り定食は日曜以外に毎日2種類用意されていて、この日は「カニ玉」と「ジャガイモと豚肉の千切り炒め」でした(*^^)v

メイン料理の他にラーメン(醤油または台湾)・ご飯・漬物・杏仁豆腐も付いています(^-^)

更に、セルフですがドリンクも1杯付いています(^O^)

味の方は多少大味ですが、まずまずの美味しさ。

コスパの良いランチではないでしょうか?

名前は変わっても古くからこの場所にある中華料理屋さんです。

駐車場も停めやすいので、近くへ行ったら寄ってみて下さいね〜(*´▽`*)