2020年11月05日

キャラバンの「イタリアンスパゲティ」

最近「名古屋メシ」のひとつに数えられるようになった「イタリアンスパゲティ」ですが、サリーが子供の頃(数十年前ですが(^^;)は喫茶店のお食事メニューにあるスパゲティと言えば、必ず鉄板に卵が敷いてあるトマトソース味の「イタリアンスパゲティ」でした。

今でこそ「ミートスパゲティ」はどこでも食べられるようになりましたが、当時のミートスパゲティは憧れで普通のお店では食べることが出来ませんでした。

なのでサリーが子供の頃は「イタリアンスパゲティ」に飽きてて、あまり好きでなかった記憶があります。

なぜかというと、当時のイタリアンスパゲティと言えば確かに鉄板に卵が敷いてあるところまでは同じなのですが、スパゲティは市販のケチャップで味付けしただけのもので、例えるなら「ハンバーグ」などの洋食の「付け合わせ」と同じレベルのものだったからです。

でも料理って進化するもんですね。名古屋メシが脚光を浴びて以来、喫茶店だけでなく洋食屋や居酒屋等でも「イタリアンスパゲティ」がメニューに加わり、どのお店も競って美味しい「イタリアンスパゲティ」を提供するようになりました(*^^)v

そこで今日はとても美味しい「イタリアンスパゲティ」が食べられるお店のひとつをご紹介したいと思います(*^-^*)

タイトル通りそのお店の名前は「コーヒー&レストラン キャラバン」さんと言って、もう数十年前から営業してる老舗の喫茶店です。

お店の場所は大通りから一本入っていますが比較的分かりやすく、地下鉄桜通線「高岳」駅の1番出口を出て東へ行き、初めての角を左折して空港しばらく北上、そして七つ目の角を曲がったすぐ左手になります。

キャラバン11.jpg


お店の外観からして「昭和」が香るお店ですよね。

駐車場は、お店の前に4台分停められるようになっています。

このお店は古くからこの場所で営業してい老舗の喫茶店で、とても美味しい鉄板スパゲティの味わえるお店でもあるんですね(^-^)

店内に入ると、レトロな昔ながらの喫茶店らしい空間になっています。

キャラバン12.jpg


マスター一人なので食器類が片づけられていないのがご愛嬌ですが、壁面に有名人の色紙が飾ってありますね。

店内のテーブルも一部「テレビゲーム」のテーブルが残っていて、昔「インベーダーゲーム」が流行った頃を思い出させてくれます(^-^)

メニューは各テーブルに両面印刷になったものが2枚置いてあって、一枚はドリンク類が載ったメニュー、そしてもう一枚は食事類が載ったメニューになっています。

食事類が載ったメニューの片面は、こんな「ランチメニュー」になっています。

キャラバン13.jpg


このお店の一番人気メニューと言えば、なんといっても鉄板スパゲティで、中でも名古屋メシである「イタリアンスパゲティ」!

ちなみに、40代以下の世代の方は「鉄板ナポリタン」と呼ぶ方が多く、50代以上の世代の方は「鉄板イタリアン」と呼ぶ方が多いです。

このお店は老舗なので、「イタリアン」の表示になりますね(^-^)

人気の「鉄板イタリアン」は単品(800円税抜)でも注文出来ますが、ランチタイムに訪れたのなら「イタリアンスパゲッティランチセット」(880円税抜)が断然お得(*^^)v

この金額の差で、「サラダ」と「ドリンク」も付くんですね(^-^)

そんな訳で、今回はそのセットをご覧いただこうと思います。

こんな感じで登場しますよ〜

キャラバン14.jpg


このお店の「イタリアンスパゲティ」は名古屋人のサリーが食べても、間違いなく5本の指に入るとても完成された絶品の美味しさです(*^^)v

他のお店と少し違うのは、まず鉄板に敷いてある卵に「生クリーム」が溶かしてあること。

あと、当然ソースは自家製のトマトソースでからめてあって、パスタがホント絶妙な「アルデンテ」の仕上がりであることです。

なので出されたばかりは卵が固まっておらず、粉チーズをかけると最初は「カルボナーナ」風の味が楽しめて、最後の方には「焼きパスタ」の味を楽しむことが出来ます(^O^)

そして、食事が終わる頃には、ドリンクが出て来ますね。

キャラバン16.jpg


コーヒーはもちろん老舗の喫茶店なので、味は間違いなしの美味しさ(*^^)v

いかがでしたでしょうか?

このお店は結構席数があるのに、マスターが一人で調理からホールまで切り盛りしています。

なので混雑時は多少待たされますが十分待つ甲斐がありますので、一度「絶品なイタリアンスパゲティ」を食べてみてくださいね〜(*´▽`*)



2020年05月22日

ダイニング 六区の「贅沢オードブルセット」

深夜まで営業している美味しいフレンチレストラン、でも今はお店で味わいに行くのが難しい時期ですよね?

そんな事もあり、営業時間を短縮しているだけでなく、本格的なシェフが作る美味しいフレンチオードブルのテイクアウトが可能になったお店があるんです(*^^)v

なので今回は、東区にあるフレンチレストランで、「ダイニング 六区」さんをご紹介したいと思います(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄桜通線「高岳」駅の1番出口から西へ行き、高岳交差点を右折して北へ、そして初めての角を左折して西へ20mほど行った左手になります。

ダイニング 六区11.jpg


エミール泉というマンションの1階に入居しているお店ですね。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

大通りから中へ入った場所にある目立たないお店ですが、お値打ち価格で本格的なフレンチが味わえるお店なんですね。

営業時間外に訪れても、お店の入口前日はこんな「テイクアウトのご案内」の看板が出されています。

ダイニング 六区12.jpg


これが最近始められたテイクアウトメニューなんですね。

種類は「宅飲み前菜セット」(3500円税込)と「贅沢オードブルセット」(5000円税込)の2種類。

どちらも本格的なフレンチオードブルの数々が9品詰まったもので、約二人前の量になっています。

前日までに電話注文すると、翌日の17時30分以降に受け取ることが出来るんですね。

そんな訳で、今回はテイクアウトメニューの一つで、「贅沢オードブルセット」(5000円税込)の中身をご覧いただこうと思います、

丁寧に包装された箱を開けると、こんな「お品書き」が入っています。

ダイニング 六区14.jpg


この日の料理の内容が書かれていますね。

料理は「フェローサーモンのミキュイ キャビア添え・仔鴨のハムと人参ラぺ・豊橋産秀麗豚の自家製ジャンボン・黒鯛のエスカベッシュ・鴨のフォアグラのコンフィ ヴェルジュのソース・段戸山高原牛のローストビーフ・バルサミコソース・海老と玉ねぎのキッシュ・つぶ貝のマリネ オレガノ風味・田舎風パテと赤キャベツのマリネ」の9品。

メニューだけ見てもワクワクする内容です(^-^)

そして蓋を開けると、彩り豊かなオードブルが姿を現します(*^^)v

ダイニング 六区16.jpg


やはりフレンチは見た目も鮮やかですよね?

このお店は専属のソムリエが居るお店でもあるので、料理も各種ワインにピッタリなものばかり揃ってます(^-^)

どれも一切手抜きナシのオードブルの数々に、思わずワインも進んでしまう美味しさですね(*^^)v

なかなか美味しいフレンチを味わいに行くことが難しい時期ですが、こんな料理をテイクアウトしてお店の味をご家庭で味わって頂くのも楽しいですよ〜(*´▽`*)




2019年12月30日

ラトリエ泉の「全6品カジュアルコース」

鉄板焼きと言えば、豪快なステーキ屋さんをはじめ、庶民的なお好み屋さんが思い浮かびますよね?

でも、フレンチの繊細なソースや飾りつけを生かした、とっても美味しい鉄板フレンチのお店があるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は東区にあるお店で、「ラトリエ泉」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、地下鉄名城線(桜通線)「久屋大通」駅の2番出口から桜通り沿いに東へ行き、「桜通泉一丁目」交差点を左折して200mほど北上した右手になります。

ラトリエ泉.jpg


ちょうど、「泉一丁目西」交差点の東南角にある、「オレンジタウン」の2階にあるお店ですね。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

このお店は前述の通り、美味しい鉄板フレンチをワインが味わえるお店で、鉄板カウンターとバーカウンターの二つの空間が愉しめる素敵なお店でもあるんですね(^-^)

ドアを開けて店内に入ると目の前にバーカウンターが、そして右側の通路を進むとこんな鉄板カウンター席が並んでいます。

ラトリエ泉1.jpg


素敵な空間でしょ?

この鉄板カウンター席はゆったりした本革で出来た椅子が6席あるのみですが、その分、目の前でシェフが匠の技で調理するパフォーマンスを見ることが出来るんですね(*^^)v

ワインセラーも充実しており、料理にピッタリのワインをさりげなく提供してくれるのも魅力です(^-^)

アラカルトメニューやコース料理も充実しているのですが、初めてこのお店の美味しさを愉しむなら「全6品カジュアルコース」(7700円税込)がオススメ(*^^)v

なので今回は、その「全6品カジュアルコース」の内容をご覧いただこうと思います。

このコースを予約して座席に着くとまずは「アミューズ」が提供されます。

ラトリエ泉3.jpg


これは「菊芋」をベースにした料理で、黒岩塩とオリーブオイルがアクセントになったものになります。

ひと口食べると上品で旨みの濃い味がひろがり、滑らかな舌触りが心地よい逸品ですね。

そして次はこのお店の名物、「トリュフ風味のクロックムッシュ」になります。

ラトリエ泉4.jpg


これはパンにハムとチーズを挟んで鉄板で焼いた料理で、トリュフの香りが心地よい名物料理ですね。

ワインにピッタリな料理です(^-^)

そして次に出て来るのは「前菜」になります。

ラトリエ泉5.jpg


見た目も華やかなこの前菜は、蕪にとカンパチ・ホタテ貝柱をダイス状にした料理で、レモンパウダーの爽やかな風味が口の中に広がります。

ちょっと甘めの白ワインが合う料理ですね(^-^)

前菜を味わっている頃に、タイミングをみて自家製の「フォカッチャ」が出されます。

これ、他のお店とは違って鉄板でローストしてあるので、とっても美味しいんです(*^^)v

そして次に登場するのはメインの一つで「肉料理」になります。

ラトリエ泉6.jpg


これは牛肉のロティ・黒胡椒香るポワヴラードソースと言う料理で、濃厚な味が赤ワインにピッタリ!

普通は魚料理の後に出されるのが普通なのですが、後半に肉料理が出されると胃にもたれてしまうお客さんが多いので、最後まで美味し召し上がって頂くための工夫なのだとか?

こんな心配りが嬉しいですね(^-^)

そして次は、「卵料理」が出されます。

ラトリエ泉7.jpg


これは「ワタリガ二のビスク風オムレツ」になりますね。

ズワイガニの繊細さとは違って、濃厚なカニの旨みが鉄板で半熟に焼かれた卵に絡まって美味。

これもこのお店のウリの料理の一つになります(*^^)v

そして次は「魚料理」が出て来ます

ラトリエ泉8.jpg


これは「平目のソテー・きのこソース」になりますね。

鉄板で香ばしく焼かれた平目は、頬張ると口の中ではらりとほどける柔らかさと上品な旨み。

きのこソースの香りが平目の美味しさを引き立てます(^-^)

そして最後は、デザートが出て来ます。

ラトリエ泉9.jpg


これはアイスクリームと一緒に盛り付けられているのが、安納芋のソテーですね。

一緒にオレンジの果肉ソースも添えられています。

普通は甘すぎる安納芋ですが、鉄板でローストすると意外に甘さ控えめで美味しいんです(*^^)v

いかがでしたでしょうか?

旬の素材を最大限に引き出す鉄板料理を、フレンチの技で仕上げたとても美味しい料理が味わえるお店です。

少し値が張りますが、コスパに優れる良店なので、是非一度訪れてみるといいお店ですよ〜(*´▽`*)





名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介