2016年02月19日

得仙 春岡の「あんこう鍋」

冬の高級鍋料理と言えば、河豚のてっちりを思い浮かべるのは関西圏の方ではないでしょうか。

名古屋でも関東より関西の方が近いせいか、河豚料理のお店が多い気がします。

でも、関東になると河豚より「鮟鱇」鍋の方がメジャーのようです。

と言うことで、今日は千種区にある「鮟鱇鍋」のお店で、「得仙 春岡」さんのご紹介です(*^-^*)

いつもB級グルメの多いサリーですが、たまには豪華なお店をご紹介することもあるのです(*^^)v

このお店の場所は、地下鉄東山線(桜通線)「今池」駅の7番出口を出て広小路通沿いを400mほど東へ行き、「仲田」交差点を南下して「仲田南」の信号を東へ行った右手にあります。

得仙 春岡.JPG


ちょっと高級そうなお店に見えますが、その通り高級なお店です(^^;

一昨年まではもう少し南にあったのですが、昨年からこの場所に移転してリニューアルしました。

サリーはもう十数年前から取引先の社長の接待で御馳走になっていますが、一年前から予約しないと食べられないお店のようです(そんな店紹介するなと言われますね(^^;)

このお店は元々中村区の納屋橋にあって、今は暖簾分けのような形で千種区にありますが、ここはあまり偉い人達ばかりでなく普通のお客さんも多い敷居の高くないお店です(^-^)

場所が移転してリニューアルしてから店内は「禁煙」になり、落ち着いた座敷でゆったり食べることが出来ます(*^^)v

さて、ウンチクはこのくらいにして、このお店の鮟鱇鍋をご覧いただこうと思います。

まず最初に出汁が入った土鍋に火を入れ、和服のお姉さんが最初に入れる具材を持ってきてくれます。

それがこの「伊勢海老」と「牡蠣」です(*^^)v

得仙 春岡1.JPG


この伊勢海老、ついさっきまで水槽に泳いでた伊勢海老です。

そして伊勢志摩「答志島」産の牡蠣も一緒に盛られています(^-^)

まずはこれを鍋に入れて伊勢海老と牡蠣の出汁を取ります。

煮えて来ましたね。

得仙 春岡2.JPG


上品な伊勢海老の出汁が出て、プリプリの牡蠣と一緒に味わうのは至福の贅沢です(^-^)

お酒はビールより絶対に日本酒が合います。

そしてメインの「鮟鱇」が登場します(^O^)

得仙 春岡3.JPG


画像にある「身」の他、鮟鱇の「胃袋」や「卵」、そして「皮」や「ホホ肉」が盛られた大皿が出て来ます(^O^)

この画像を撮った頃のサリーは既に酔っぱらっていて、撮影出来なかったことをお詫びいたしますm(__)m

食べ方は、器にオレンジ色した「鮟鱇の肝」を溶かして、身を着けて味わいます(*^^)v

もう、これ至福の贅沢です

この鮟鱇を味わった後、津島市産の甘い葱などの野菜が出され、こんな鶏肉のつみれと豆腐・そして自家製の「練り物」が出て来ます。

得仙 春岡4.JPG


この時点でサリーは熱燗5合を越えています、すみませんm(__)m

そして全部食べ終わった後に、贅沢な出汁を利用した「雑炊」で締めます(^-^)

いやぁホントに美味しいです(^O^)

デザートは甘〜いメロンで終了(*^^)v

御馳走さまでしたm(__)m

冒頭に一年前から予約と言いましたが、今は少し前からの予約も出来るようです(^-^)

冬は鮟鱇、春は桜鯛、夏は鱧が食べられるお店です。

価格はあえて書きませんが一人2万円でお釣りが来る良心的なお店ですので、接待の利用も良いですがたまにはご両親を連れて来てあげると喜ばれますよ〜(*´▽`*)












2015年07月13日

大戸屋の「大戸屋ランチ」

全国チェーンのレストランで、「大戸屋」さんって皆さん行ったことありますか?

最近でこそ新しいショッピングセンター等に入居するようになりましたが、名古屋には今まであまり出店してなかったので行ったことがない方も多いと思います。

サリーも最近まで知りませんでした(^^;

と言うことで、ここは今池にある「ピアゴ今池店」、今池の交差点を南へ少し行った右手にあるお店です。

このピアゴは旧ユニーの店舗だったのですが少し前に建て替えられ「ピアゴ今池店」にリニューアルしました(^-^)

昔ながらの市街地である今池地区の店舗らしく、郊外のファミリーのお客さんを対象にした大規模店舗とは違って、単身者世帯やご年配の方々を対象にして「お惣菜」や「飲食店」が中心の店舗となっています。

そんなピアゴ今池店の一階に今回ご紹介する「大戸屋」さんがあります。

入口には各種メニューや時節柄「かき氷」の旗が掲げてあったりして賑やかな雰囲気が(^O^)

大戸屋.JPG


店内はオープンな感じで明るく、店員の方も若い人が多いです。

さて、テーブルには通常メニューと季節メニューが置いてあって、結構品数が多くて迷うのですが、看板メニューのようなのでサリーは「大戸屋ランチ」を注文。

内容は唐揚げにかぼちゃコロッケの上に目玉焼きが乗ってて、唐揚げはお酢が入った大根おろしを付けて食べるみたいです。

メニューにはこんな感じで載ってます。

大戸屋1.JPG


税込699円で食べられるのでお値打ちだなあと思いながら待ってたら出て来ました

大戸屋2.JPG


当たり前ですがメニューの写真通りです。

揚げ物中心のメニューなのですが、大根おろしと一緒に食べるとサッパリ食べられます(^-^)

おかずは普通に美味しいのですが、ここは特に「ご飯」が美味しいです。

注文時に無料で「五穀米」か「白ご飯」か選べるのですが、「白ご飯」がかなり美味しいので迷うと思います。

写真を撮ればよかったのですが、テーブルに大戸屋オリジナルの「ごまめしお」という「ふりかけ」が置いてあり、これがまた最高に美味

「ごまめしお」って何だろ?と思ったら、胡麻塩に大豆を炒って砕いたものが入っていました。

なぁるホド、それで「ごまめしお」ね(*^-^*)

これ、お持ち帰り用に販売もしてるらしかったので帰りに買おうとしたら売り切れでした

皆さんが行った時に売ってたら是非買ってみて下さい、ホントおすすめです。


ここまでお店をご紹介してきましたが、やっぱりここへ来たら「炭火焼」メニューを注文するべきだなぁと今更ながら思ったサリーですm(__)m

このお店のもう一つのウリは肉や魚が「炭火焼」で提供されることにあります。

特にチキンや豚、そして目鯛・鯖・ホッケをあぶり焼きにしたメニューは少し高くなりますが満足度が高いと思います。

こんな風にメニューには載ってます。

大戸屋3.JPG


実物の画像が無くて申し訳ありませんが、この「もろみ漬け鶏の炭火焼き定食」(税込855円)は最高に美味しいです(^O^)

一見、ファミレスのように見えますが、料理内容はかなり本格派です。

お値打ちな価格で食べられるので、お近くにお店があったら是非一度行ってみて下さいね(*^^)v











名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介