2017年04月02日

タンメン でこの「タンメン」と「ミニカレー丼」

名古屋でも全国のラーメンが食べられるようになって久しいですが、流行の移り変わりは早くなったなぁと思うサリーです。

数年前は横浜家系につけ麺、最近では担々麺と時代が流れるにつれてラーメンの流行も変わって来ています。

そんな中、最近目に付くようになったのは「タンメン」のお店ですよね?

と言う訳で、今日は千種区にあるタンメン専門店で、「タンメン でこ」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、千種区の「今池」交差点を環状線沿いに南下し、「大久手」交差点を左折して東へ300mほど行った左手になります。

タンメン でこ.JPG


ちょうど「らくだ書店」さんの向かいにあるお店ですね。

以前このブログでもご紹介した、豚丼の美味しい「ぶたや」さんと同じビルの1階に入居しています。

ランチタイムになると、お店の前にはこんなメニューが出されています。

タンメン でこ1.JPG


このお店のウリである看板メニューの「タンメン」をはじめ、色んな種類のラーメンが載っていますよね。

嬉しいのは、ランチタイムだと「小ライス」が無料で付けられることや、3種類ある「ミニ丼」も100円税込で付けることが出来るんです(*^^)v

店内に入ると、左手に8席しかないL字型のカウンター席と厨房があるのみの小さなお店で、強面の大将一人でお店を切り盛りされています。

タンメン でこ2.JPG


小さなお店なので、単身または2名で訪れるのにちょうど良いお店ですね。

お昼時は混雑することが多いので、満席の場合はカウンターの後ろにある丸いパイプ椅子に座って待つ格好になります。

この日のサリーは、スタンダードに「タンメン」(700円税込)に「ミニカレー丼」(100円税込)を注文(*^^)v

すると、こんな感じに出てきますよ〜

タンメン でこ3.JPG


炒めた野菜のタップリ入った鶏白湯スープのタンメンは、あっさりしている中にもちょっぴり香辛料が効いていて美味(^-^)

他にも「ウズラ卵」や「チャーシュー」も入っています。

ミニ丼は「カレー・麻婆豆腐・ジャージャン」の3種類あって、カレーはチキンカレーになります。

タンメンはコラーゲンたっぷりでハーフサイズも出来るので、女性のお客さんにも人気のお店です。

ただ、大将が強面で威圧的なので、そういうお店が苦手な方は難しいかも?

気が強くて言い返す自信がある方は、大将が横柄な態度を取ったら是非やっつけてみて下さい、サリーが応援しますから(*^^)v

それを除けば、安くてとても美味しいタンメンが食べられるお店です(^-^)

タンメン好きの方は一度行ってみるといいですよ〜(*´▽`*)







2016年06月19日

中国料理 ちくさ江南の「チャーハン」

日本で昔からある中華料理屋さん、そこには懐かしい昭和の香りと共に人情も残っています(^-^)

今日はそんな中華料理屋さんで、千種区にある「中国料理 ちくさ江南」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、JR中央線「千種」駅を出て広小路通の歩道橋を南へ渡り、セブンイレブンの角を600mほど南下、そして「千石小学校南」の信号を越えてすぐの角を右折した左手にあります。

ちくさ江南.JPG


ちょっと路地を入った場所にあるので分かりにくいかも知れませんね。

でも2台分ですが、駐車場も確保されています。

歴史を感じるシブい外観のお店ですよね?

お店の屋号で気づいた方もみえると思いますが、実はあの有名な「江南」さんから昔「暖簾分け」したルーツを持つお店なんです。

とは言ってもメニューは別物になっており、それでいて「江南」さんの名残りのある味がします(^-^)

お店の前には無造作に、こんなアルミを加工した懐かしい「岡持ち」が置いてあります。

ちくさ江南1.JPG


やはり町の中華料理屋さんと言えば「出前」ですよね(^-^)

現在は、ごく近所しか出前していないみたいですが。

店内に入ると、左手に厨房とカウンター席のみの奥に細長い小さなお店で、ご年配のご夫婦とお手伝いの女性一名でお店を切り盛りしています。

昔からある中華料理屋さんらしく、カウンターはもちろん朱色にメラミン塗装されたカウンターです(*^^)v

ちくさ江南2.JPG


やっぱこういうカウンターでないと中華料理屋さんに来た気分にならないサリーは、もう年寄の世代になって来ています(^^;

メニューはカウンターに置いてなく、壁面に貼ってあるスタイルです。

なので画像が無くてスミマセンm(__)m

この店でおススメなのは「江南」に似たあっさりめの「ラーメン」と、ちょっと意外ですが「レバニラ炒め」が絶品です(*^^)v

このお店を知っている常連の方達が、いつも注文する人気メニューです。

そしてもう一つが今回ご覧いただく「チャーハン」(700円税込)です!

何の変哲もないシンプルなチャーハンですが、これがまた美味しいんです(^-^)

こんなチャーハンになりますっ

ちくさ江南3.JPG


ホント普通のチャーハンでしょ?

でも50代以上の方は、どこかで食べた懐かしい味がする筈です(^-^)

大将と女将さんも、とても話し好きで気さくな方です。

懐かしい中華料理屋さんに行きたくなったら、ふらり訪れてみてはいかがでしょうか(*´▽`*)
















2016年03月11日

中華そば 大文字の「中華そば」

昔、中華そばと言えば夜鳴きそばか中華料理屋さんのラーメンで、夜食的なイメージが強くあまり美味しいというものではありませんでした。

でも最近はお店を経営しようという方も頑張っていて、美味しいラーメンを提供しようという意気込みが感じられます(^-^)

そんな頑張ってるお店のひとつが、今日ご紹介する千種区にある「中華そば 大文字」さんです(*^-^*)

このお店は地下鉄東山線(桜通線)「今池」駅の7番出口を出て、「広小路通」の一本南の筋を東へ行き初めての四つ角を南へ行った右手にあります。

大文字.JPG


店舗の並びにある小さなお店で、カウンターのみの10名も入れない程度です。

でも味は中々のもので、小さいながらも頑張って美味しい中華そばを食べさせてくれます(^-^)

店内に入ると左手にカウンター席、奥に厨房がある簡素な造りです。

カウンターに座ると正面の壁面に、こんな感じにメニューが貼ってあります。

大文字1.JPG


ここで注目なのは、ランチタイムに行くと「各麺にライスと副菜付」(+50円)と書いてあります。

内容は文字通り「ご飯」と、副菜は「漬物・海苔」が付いて来ます(^-^)

一方、カウンターにもメニューの札が立て掛けてあります。

大文字2.JPG


このお店は色んな種類のラーメンがありますが、基本的には「懐かしい醤油味」の中華そばと、「羅臼昆布だしのあっさり味」の中華そばの2種類です(*^^)v

要するに「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」と言うことですね(^-^)

価格も550円からあって、かなりお値打ちな価格設定です(^O^)

初めて訪れたら、やはり定番の「中華そば」(600円税込)を味わってみて下さい。

こんな美味しそうな中華そばですっ

大文字3.JPG


澄んだ鶏ガラと野菜を煮込んだスープに、シンプルな「チャーシュー・メンマ・ネギ」の具。

厚切りの豚バラを巻いた絶品のチャーシューが、3枚も入ってこの価格はかなり頑張っています(*^^)v

これにたった50円税込で、ご飯と海苔と漬物が付いて来ます(^O^)

お店の人も寡黙な大将と、地味だけど誠実で感じの良いママさん二人でお店を切り盛りしています(^-^)

水曜定休で夜も22時まで営業しているので、無性に美味しい中華そばが食べたくなった時に一度行ってみて下さいね。

最近のラーメンの進化が感じられるお店ですよ〜(*´▽`*)






名古屋で仲介手数料無料の賃貸物件を紹介