2020年01月11日

名産松阪肉 朝日屋の「松阪肉」

アメリカンビーフやオージービーフがお値打ち価格で手に入る昨今、ブランド和牛を味わう機会がなかなかありませんよね?

百貨店は当然のことながら、スーパーで購入しても高嶺の花ではないでしょうか?

でも、最高級ブランドである松阪肉が、お値打ち価格で購入出来る肉屋さんがあるんです(*^^)v

と言う訳で、今日は三重県津市にある肉屋さんで、「名産松阪肉 朝日屋」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、近鉄名古屋線「津」駅から、国道23号沿いに南へ1kmほど南下した右手になります。

国道23号沿いにあるお店ですね。

駐車場は、お店の南側に停められるようになっています。

この肉屋さんは松阪牛を一頭買いしてお店の2階で捌いて販売しているお店なので、美味しい松阪肉がとってもお値打ち価格で購入出来るんですね(*^^)v

松阪肉と言っても価格はピンキリで、100g当たり600円代〜2000円代までありますが、g当たり1000円以下のお肉でもとても美味しいので、自宅で消費する分には十分なんです(^-^)

そんな訳で、今回は朝日屋さんの松阪肉をご覧いただこうと思います(*^^)v

お店で松阪肉を購入すると、包装の仕方を聞いてくれます。

別料金で300円ほど支払うと、こんな包装にしてくれますね。

名産松阪肉 朝日屋.jpg


高級品だけあって、立派な包装ですよね?

昔ながらのお肉屋さんと言った感じです(^-^)

持ち帰って包装を解くと、包装紙の中にある木箱が姿を表します。

名産松阪肉 朝日屋1.jpg


焼き印が押された、たいそうな木箱ですよね?

そして蓋を開けると、こんな感じになっています。

名産松阪肉 朝日屋2.jpg


いやぁ、少し過剰包装気味ではありますが、天然の竹皮に包まれていますね。

そして、竹皮を開けると。。。

松阪肉の登場ですっ

名産松阪肉 朝日屋3.jpg


いやぁ、質感といいサシの入り具合といい、さすが松阪肉といった感じです(*^^)v

これは「すきやき用」にかっとされたお肉で、g当たり1500円税抜のもの。

画像は800gになりますね。

部位はロース肉になるので、百貨店で購入するとg当たり2500〜3000円程度になるお肉です。

味の方は、いわずもがな(^O^)!

やっぱり松阪肉は和牛の中でもひと味違う美味しさです(*^^)v

こんな朝日屋さんですが、お店からはもちろん、自宅からネット注文も出来て宅配してくれます(^-^)

ちょっと特別な日に家族で、お世話になった人へ贈答用に、そんな機会に利用してみるといいですよ〜(*´▽`*)



posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月24日

お好み焼き 古々路の「お好み焼き定食」と「なにわ焼き定食」

お好み焼きやタコ焼きの本場と言えば大阪、市内には数え切れないくらいの店舗がありますよね?

どのお店も特色があって美味しいのですが、ちょっと変わったお好み焼きのメニューがあるお店もあるんですね(^-^)

と言う訳で、今日は番外編として大阪市にあるお店で、「お好み焼き 古々路」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、南海本線「住吉大社」駅の東出口から、南へ50mほど行った左手になります。

お好み焼き 古々路.jpg


駅前のビルの1階に入居しているお店ですね。

駐車場は無いので、車の方は近くのコインパーキング利用になります。

このお店は以前マスコミや地域情報誌に取り上げられたお好み焼き屋さんで、美味しい鉄板焼きはもちろん少し変わった美味しいお好み焼きも味わえるお店なんですね(^-^)

お店の入口前には、こんな定食メニューが出されています。

お好み焼き 古々路1.jpg


お値打ち価格でしょ?

さすが大阪の下町ですね(^-^)

店内に入ると、右手に厨房・左手にテーブル席が並んでいて、奥に小上がり席もある造りになっています。

お好み焼き 古々路2.jpg


お店はご年配の大将をはじめ、丁寧な接客の若い男性と女性が働いています。

メニューは冊子になったものが各テーブルに置いてあって、最初のページと次のページを開くとこんな感じになっています。

お好み焼き 古々路3.jpg


お好み焼き 古々路4.jpg


上の画像は、お好み焼き・焼きそば・もんじゃ焼き等の単品メニューが、そして下の画像はセットメニューやサイドメニューが載っていますね。

ホント庶民的な価格が嬉しいです(^-^)

でも、一番お値打ちなのは、やっぱりメニューの裏表紙にある「定食メニュー」になります(*^^)v

お好み焼き 古々路5.jpg


お店の入口前に出されていたものと同じですね。

価格も650円税込から揃っていて、種類も豊富です(^-^)

そんな訳で、今回はこの定食メニューの中から二つご覧いただこうと思います(*^^)v

ではまず最初に、スタンダードな「お好み焼き定食」(750円税込)からご覧下さいっ

お好み焼き 古々路6.jpg


こんがり焼けていて美味しそうでしょ?

このお店は基本的にお店で焼いてくれて、火を点けた鉄板の上に置いてくれるスタイルですね。

お好み焼きは食感がフワフワで、大阪らしい美味しさ(*^^)v

このお店のお好み焼きにはソースがかかってなく、マヨネーズとケチャップ・マスタードしか乗っていないので、テーブルにあるソース(甘口・辛口)や青のり・鰹節等でお好みで味付けするスタイルですね(^-^)

画像はありませんが、メインの他に「ご飯・味噌汁・漬物・ミニ冷奴」が付いています(*^^)v

そしてもう一つはおススメの「なにわ焼き定食」(850円税込)になりますっ

お好み焼き 古々路7.jpg


めっちゃ美味しそうでしょ?

これ、このお店の名物である「古々路焼き」(1000円税込)の廉価バージョンで、薄いクレープのような生地の上に、太麺の焼きそばや豚肉・野菜・生卵等を乗せて、その上に玉子焼きを被せた逸品なんです(*^^)v

これもソースはかかっていないので、「辛口ソース」をかけて食べると美味しいメニューですね(^O^)

このお店の豚肉は、アグー豚の血を引き継いだ「沖縄産高級島豚」を使用しているので、柔らかくて旨みのある上品な味わい(*^^)v

素材や調理にこだわっている割に、とってもリーズナブル!

更に、平日のランチタイムには、デザートのプチアイスクリームも付いています(*^^)v

マスコミに取り上げられるだけある、美味しいお好み焼き屋さんです。

住吉大社も近いでので、大阪へ行く機会があったらおススメのお店ですよ〜(*´▽`*)







posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月21日

レストラン ちゝやの「てりかつ丼」

地元のお客さんに愛されている「ご当地グルメ」のメニュー、名古屋の人達にとってはあまり知られていないメニューもありますよね?

岐阜県の土岐市にも、実は美味しいご当地グルメのメニューがあるんです(*^^)v

そんな訳で、今日は土岐市にあるお店で、「レストラン ちゝや」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、JR中央線「土岐市」駅の南口ロータリーから南へ行き、200mほど行った角を左折した左手になります。

ちゝや.jpg


駅前の商店街から、少し中へ入った場所にあるお店ですね。

駐車場はお店の前に2台分と、お店の裏側にも確保されています。

このお店は古くから営業していて今は三代目が営む洋食屋さんで、美味しい洋食メニューはもちろん土岐市のご当地グルメであり名物の「てりかつ丼」も味わえるお店なんですね(*^^)v

店内に入ると、正面にテーブル席・右手に小上がり席のある空間が広がっています。

ちゝや2.jpg


ちゝや3.jpg


古いお店ですが店内も清掃が行き届いており、70名ほお収容人数のある店舗になっています。

メニューは各テーブルに置いてあって、その一部をご覧いただくとこんな感じになっています。

ちゝや4.jpg


名物の「てりかつ丼」をはじめ、色んな洋食メニューが揃っていますよね?

他のページにはステーキメニューも載っています(^-^)

でも、初めてこのお店に訪れたのなら、是非一度食べて頂きたいのは前述の「てりかつ丼」(800円税込)!

ちゝや1.jpg


土岐市ご当地グルメのポスタ―が、こんな感じで店内に貼ってあります。

お持ち帰りも出来るのがいいですね(^-^)

そんな訳で、今回はこのお店の「てりかつ丼」をご覧いただこうと思います(*^^)v

では早速、実物をご覧下さいっ

ちゝや5.jpg


ちょっと変わったカツ丼でしょ?

信州には名物の「ソースカツ丼」と、とんかつの下にキャベツが敷いてあるのは同じですね。

でも、とんかつの上にかかっている秘伝のタレが違うんです(*^^)v

トマトソースとはまた違った、何とも言えない美味しさのタレがカツ丼の味を引き立てています(^-^)

これ、他には無い濃厚な味わいで美味(^O^)!

中々訪れる機会の少ない、土岐市にあるご当地グルメのメニューです。

中津川方面へ行く機会があったら、一度訪れてみるといいお店ですよ〜(*´▽`*)



posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする