2019年09月29日

まこと食堂の「チャーシューメン」

名古屋では最近少なくなってしまった喜多方ラーメンのお店、あっさりした醤油味とチャーシューが美味しいですよね?

そんな喜多方ラーメンのお店ですが、やはり本場で食べると絶品なんですね(*^^)v

と言う訳で、今日は番外編最後になる、福島県喜多方市にあるお店で「まこと食堂」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は、JR磐越西線「喜多方」駅の北東方面になります。

まこと食堂.jpg


旧市街地に位置するこのお店は昭和22年創業の老舗で、現在は四代目の主人が昔ながらの喜多方ラーメンの味を引き継いでいるんですね(*^^)v

駐車場は、お店の向かいの他、あちこちに確保されています。

店内に入ると、座敷に座卓のある空間が、奥の方まで広がっていますね。

まこと食堂1.jpg


時代を感じる空間でしょ?

もうかれこれ70年以上、この場所で営業しているんですね。

メニューは各座卓の上に置いてあって、こんな感じになっています。

まこと食堂2.jpg


喜多方ラーメンである中華そばの他、カツ丼なんかも載っていますね。

価格は少し高めの設定です。

そんな訳で、やっぱりこのお店に来たなら、美味しい喜多方ラーメンを味わいたい(*^^)v

なので今回は「チャーシューメン」(1000円税込)をご覧いただこうと思います(^-^)

では早速、実物をご覧下さいっ

まこと食堂3.jpg


薄切りの豚バラ肉チャーシューが沢山載っていますよね?

本場の喜多方ラーメンは、太麺にあっさりスープ、そして柔らかく煮込まれた絶品のチャーシューが最高の逸品です(*^^)v

名古屋で食べるより味わい深く、なのにあっさり感があってあっという間に完食してしまう美味しさです(^-^)

ちょっと高めの設定が気になりますが、やっぱり本場で味わう喜多方ラーメンは最高です。

名古屋では美味しいお店が少ないので、今後は増えて欲しいラーメンですね(*´▽`*)

posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月28日

海峡荘の「マグロ丼」と「殻付き生ウニ」

一本釣りで獲った生の本マグロを丼で味わう、そんな贅沢って漁港近くのお店しか難しいですよね?

有名な「大間のマグロ」がリーズナブル価格で味わえる、そんなお店が大間にあります(*^^)v

と言う訳で、今日は青森県大間岬にあうお店で、「海峡荘」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は本州最北端、「大間岬」の目の前になります。

海峡荘.jpg


ホント大間岬の目の前にあるお店ですね。

駐車場は、お店の南側に確保されています。

本州北の外れにあるこの岬は、津軽海峡を挟んだ対岸に函館山が見える絶景の場所で、有名な近海マグロである「大間のマグロ」がとってもお値打ち価格で味わえるんです(*^^)v

店内に入ると、座敷に座卓が並んだ空間が広がっています。

海峡荘1.jpg


これは、座敷から見た画像ですね。

地元の漁師さんが営む自宅兼用のこのお店は、新鮮な大間のマグロがとても格安で味わえるんですね。

お店は主人の奥さんたちが切り盛りしています。

メニューは各テーブルに置いてあって、こんな説明書きも置いてあります。

海峡荘2.jpg


お店は年中営業していますが、大間で獲れるマグロは9月〜11月。

なので、それ以外の月は近海で獲れた生マグロを提供すると書いてあります。

そして、メニューの方はこちらになりますね。

海峡荘3.jpg


海峡荘4.jpg


さすが漁師さんが経営するお店だけあって、格安ですよね?

そしてまぐろだけでなく、こんなメニューもありました。

海峡荘5.jpg


そうなんです、生の「ウニ」も1個から注文出来るんですね(*^^)v

そんな訳で、今回はこのメニューにある「マグロ丼」(2500円税込)をご覧いただこうと思います(*^^)v

では早速、実物をご覧下さいっ

海峡荘6.jpg


凄いでしょ?

このマグロ丼は3色丼になっていて、分厚く切られた生で大間の本マグロが、大トロ2切れ・中トロ4切れ・赤身4切れでご飯が見えない位盛られて出て来ます(^O^)

もう、こんなマグロ食べたら、他のマグロが食べられなくなる位美味しいです(*^^)v

そしてもう一つのオススメである「殻付き生ウニ」(500円税込)もご覧下さいっ

海峡荘7.jpg


いやぁ、たまりませんね、この旨さ(^O^)!

都会で味わうウニは、保存の為にミョウバンが添加されているので苦味がありますが、これは生きたウニをさばいて出されるので、雑味は一切無く、ウニの甘みだけが味わえます(*^^)v

いかがですか?

なかなか行けない場所ではありますが、青森へ行く機会と時間があったら、足を伸ばして寄ってみる価値のあるお店ですいよ〜(*´▽`*)



posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月27日

樂市樂座の「お酒の肴」

北の歓楽街である「すすきの」界隈には数多くの飲食店が存在していますが、安くて美味しいお店って口コミでないと探すのは難しいですよね?

そんなお店って週末は大繁盛しているので、やはり事前予約が必須だったりするんです。

と言う訳で、今日は北海道札幌市にある居酒屋さんで、「樂市樂座」さんのご紹介です(*^-^*)

お店の場所は札幌市にある歓楽街、「すすきの」交差点から少し東南方向へ行った場所になります。

樂市樂座.jpg


樂市樂座1.jpg


11グリーンビルの4階に入居しているお店ですね。

このお店は居酒屋さんですが、北海道で獲れた新鮮な素材をメインに、しかも炭火焼で味わえるお店なんですね(*^^)v

店内に入って左へ折れると、半室風になったテーブル席がいくつも並んだ空間になっています。

メニューは冊子になったものが各テーブルに置いてあって、別に本日のおすすめメニューも置いてあります。

価格はピンキリですが、地元の食材にこだわったメニューがほとんどで、居酒屋さんとしてはかなりルーズナブルな部類に入る良心的なお店です(^-^)

そんな訳で、今回はそのメニューの数々をご覧いただこうと思います(*^^)v

まず最初にご覧いただくんは、居酒屋さん定番の「付き出し」になります。

樂市樂座2.jpg


えっ?と思うかも知れませんが、このお店の付き出し、なんと炭火のおこされた「七輪」で出されるんですね。

この日の内容はご覧の通り海老と椎茸。

付き出しなんて要らないから安くしてほしいという方が多いと思いますが、こんな付き出しなら大歓迎ですよね(^-^)

そして次は、炙りタラコのポテトサラダになります。

樂市樂座3.jpg


可愛いメニューでしょ?

でも味は本格派(*^^)v

クラッカーの上にタラコを練り込んだポテサラと、またその上に炙りタラコも載っていて、一口で頬張るとタラコの香ばしさが口の中一杯に広がって美味(^O^)

これも北海道ならではの逸品ですね(^-^)

これは500円台で味わえます。

そして次にご覧いただくのは「串焼き盛り合わせ」になります。

樂市樂座4.jpg


五本一組の串盛り(画像は4本になっててすみません)は、地元の国産鶏や豚・牛が使用されていて、もちろん「炭火焼」になります。

画像には、「豚バラ・牛ハツ・つくね・焼き鳥」が写っていますね(^-^)

このお店は素材と調理にこだわったお店なので、ホント美味しいんです(*^^)v

そして次は、魚料理を二つご覧下さい。

樂市樂座5.jpg


樂市樂座6.jpg


上の画像は、「新サンマの塩焼き」、北海道は8月から味わえるのがいいですね(^-^)

これも炭火焼なので、間違いなしの美味しさです(*^^)v

下の画像は、「本物のシシャモ」と言って、スーパーで売っているのは「カラフトシシャモ」ですが、こちらは北海道産の本物になります。

炭火で焼かれた熱々を頭から頬張ると、ジューシーな旨みが口の中一杯に広がります(^O^)

どちらも600円台で味わえます。

そして最後は、〆の「鮭とイクラの釜飯」になります。

樂市樂座7.jpg


これも美味しい北海道のメニューですね。

生から炊き上げた釜飯は、時間はかかりますが炊き立てが味わえます。

全く生臭さが無く鮭の旨みタップリな釜飯は、茶碗によそってからイクラと分葱を乗せて食べるようになっています。

これも700円台で味わえます。

いかがでしたでしょうか?

数あるすすきのに存在する居酒屋さんですが、新鮮で美味しい炭火焼が味わえて、しかもリーズナブルなお店です。

札幌へ行く機会があったら、こんなお店でお酒を愉しむのもいいですよ〜(*´▽`*)


posted by サリー at 00:00 | Comment(0) | .◆愛知県外 800円以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする